« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

年越しそば

家の掃除も終わり、近所のデパートに出かけました。
正月のおせち用の惣菜や年賀の物を買う人で、地下の食品売場は大変な人出です。
そんな中、「最後尾はこちら」の立て札が目に留まり近づいてみると、てんぷら専門店です。

Photo_5

年越しそば用のてんぷらを買うのに大変な行列です。
先週のクリスマスにはケーキ店に行列ができていましたが、今週の行列はてんぷらです。
年越しそばのてんぷらを求める人の行列の最後尾のこの看板は、1年の最後を象徴しているようでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御用納め

今日は会社の御用納め。
納会もほどほどに、横浜みなとみらいに買い物にゆきました。
クリスマスと正月の初売りには大変な人出ですが、その狭間のこの時期は、のんびりと買い物ができます。

Imgp4020

人気のないコスモワールドの光ものんびりとした雰囲気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋の具体験

秋に行ったさんま祭でたくさんいただいた「すだち」が冷凍庫で冷凍されているのに気がつきました。
折角なので、柚子湯の代わりに入れてみました。

Photo_6

すだちの香りが風呂場全体に広がり、爽やかです。
しかし、この香りはどこかで感じた経験があります・・・・。
鍋です!!鍋料理の時のポン酢の香りです!
風呂の中の自分が鍋物の具になっているような気がしてきました。
鍋の具の中で言えば、差し詰め私は鱈(たら)といったところでしょうか。
まあ、体形からいっても妥当です。
すっかり湯立って、おいしそうになって風呂を出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス風景

今日はクリスマスイブ。街はクリスマス一色です。
駅の構内でもサンタクロース姿の女の子が声を涸らしてチキンやクリスマスケーキを売っています。
車で走っていると、サンタクロース姿の宅配ピザに出会ったり、前を走る車にはサンタ帽をかぶった子供の姿が見えたりします。
通りかかったケンタッキーフライドチキンのお店の前には長い行列が出来ていました。
デパートを覗くと有名ケーキショップには「最後尾はこちら」の看板が出ています。
食品売り場では競い合うように、チキンの丸焼きや腿焼きを並べています。

Photo_7

そんな中、次の出番を静かに待つかのように、神社の前には「初詣」の旗が並んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミューザ川崎のパイプオルガン

川崎駅前のミューザ川崎シンフォニーホールのパイプオルガンコンサートに行ってきました。
ミューザ川崎シンフォニーホールは音響が良いので評価が高いですが、ここのパイプオルガンもパイプ総数5248本の大きなもので評判になっています。

Photo_8

演奏が始まると場内の照明が暗くなり、その闇の中で青や金色のライトの中に浮かび上がるパイプオルガンは神秘的です。
パイプオルガンの繊細な音色や重厚な音色を聞いているとまるで、大きな生命体が何かを語りかけているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉祥寺いせや

吉祥寺で買い物のあとぶらぶらと歩いていると、焼き鳥で有名な「いせや」がありました。
付近には焼き鳥の良い匂いがしています。
昼だというのに店頭ではもう立ち飲み客がいます。

Imgp3978

思わず立ち寄りたくなる風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井の頭公園の風景

久し振りに吉祥寺まで出かけました。
時間があったので一駅手前の井の頭公園前で降り井の頭公園をブラブラしてみました。
今日の東京は寒さが厳しく、風も強いのですが、公園内では自作の絵やアクセサリーを売る人たちが店を広げていました。
池のそばの小川の脇にある看板には、「ここが神田川の源流です。神田川は善福寺川、妙正寺川と合流し、隅田川に注いでいます。」とあります。

Imgp3966

神田川がここから始まっているのは初めて知りました。
また、池には多くの水鳥が集まっていました。

Imgp3972

鳥の撮影をしていた人によれば写真中央はゴイサギというそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歳末風景

昨日は金曜日ということで、忘年会の真っ盛りでした。
どこの飲み屋さんも宴会コースでないと予約が出来ません。
店先には「本日予約の方のみ」と貼紙のある店も目立ちました。

Imgp3960

渋谷の公園通りも街路樹が光で飾られ、一層賑やかな雰囲気になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュトレンの季節

クリスマスが近づいてきました。
クリスマスと言えば、我が家ではシュトレンが欠かせません。

Photo_9

シュトレンは、元々ザクセン州の州都ドレスデン市でクリスマス時期に焼かれる郷土菓子でしたが、今やドイツを代表するお菓子として、クリスマス時期になるとドイツ中のケーキ屋さんパン屋さんで焼かれています。
タップリとバターを使い、中にはアーモンドやレーズンなどや果実ピールがふんだんに入っています。
発酵熟成させた生地を焼いて、再度表面を溶かしたバターをたっぷりと塗って、上から粉砂糖をふりかけています。
派手なクリスマスケーキとは趣が違いますが、しっかりとした味わいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事でみなとみらいに行く機会がありました。
平日の日中ということで、土日の賑わいとは様変わりの落ち着いた雰囲気です。
ランドマークタワー内のクリスマスツリーは静かに煌いていました。

Yokoham_illumi

週末には大変な人出なのでしょうが、落ち着いた雰囲気で見るクリスマスツリーは少し寂しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »