« 日本橋三井越後屋ステーション | トップページ | さようなら湘南電車 »

日本橋の歴史ある建物

日本橋と言えば江戸時代の五街道の基点として有名ですが、明治以降は日本の経済・金融の中心的な役割を果たしてきただけに、歴史的な建物が軒を並べています。
参考>>

Photo_7

三越本店が正3年(1914年)に建てられた当時は、日本初のエスカレーターの設置や、五層吹き抜けの大階段ホールの偉容で東京市民の度肝をぬいたそうです。

2_2

三越本店の横を通るとその由緒が一層感じます。
隣は三井本館です。

Photo_8

昭和4年(1929年)に完成したこの建物は、大正から昭和初期のオフィスビルの特徴である太い柱が、見上げるような高さで居並んでいます。

道路を挟んで日本銀行です。
Photo_9

明治29年(1896年)2月完成したこの建物は東京駅を設計した辰野金吾の設計で、柱やドーム屋根などのバロック様式に、規則正しくならぶ窓などのルネッサンス様式を取り入れた「ネオバロック建築」で、ベルギー中央銀行がモデルだそうです。

街の一角にこうした歴史的建物が集中しているのは圧巻です。

|

« 日本橋三井越後屋ステーション | トップページ | さようなら湘南電車 »

文化・芸術」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/6473619

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋の歴史ある建物:

« 日本橋三井越後屋ステーション | トップページ | さようなら湘南電車 »