« 青梅市梅郷の梅 | トップページ | 日本初飛行の地 »

春の小川は渋谷を流れていた

「♪春の小川は さらさら行くよ」」で始まる、童謡「春の小川」は春になると思い出す曲の1つですが、その小川は東京の渋谷区の小田急線代々木八幡駅を流れていた川でだったそうです。

_32

渋谷川の上流部で「河骨川(こうぼねがわ)」という川がこの付近を流れていて、この曲を作詞した高野辰之氏がこの付近に住んでいた大正元年(1912年)当時は、れんげやすみれの花が咲き、エビやメダカが泳いでいた、のどかなところだったそうです。

1_5

詳しくはWalkerひでHPへ>>>>

|

« 青梅市梅郷の梅 | トップページ | 日本初飛行の地 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/6473205

この記事へのトラックバック一覧です: 春の小川は渋谷を流れていた:

« 青梅市梅郷の梅 | トップページ | 日本初飛行の地 »