« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

皇后陛下のご実家跡

皇后陛下美智子様のご実家である正田家の跡地がねむの木の庭という公園になったと、以前ニュースで聞いていました。
今日五反田付近を通るとき思い出したので、池田山の「ねむの木の庭」へ立ち寄ってみました。

Imgp63131

Imgp6331

皇后様がご成婚まで過ごされた場所を品川区が公園に整備したそうで、ご成婚当時の門を再現しているそうです。

Imgp63141

Imgp6326

ねむの木や白樺など、皇后様ゆかりの樹木や皇后様がお歌の中で詠まれた草花・樹木が植えられています。

草花には皇后様の詠まれた歌がひとつひとつ紹介されています。

場所はここです>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京総合車両センターへ

大井町のJR東京総合車両センターが一般公開されるというので、出かけてみました。
鉄道ファンや親子連れで大変な人出です。

Imgp6245

E257系500番台特急形電車(房総特急用)などの車両見学や、パンタグラフ動作体験、ドアの開閉操作、マスコン体験、高所足場車体験など、ここでしかできない体験コーナーには鉄道好きの子供達は行列です。

Imgp6230

ナデ6110形電車、マイテ39形客車、クモハ12形電車などの歴史ある車両も人気です。

Imgp6304

鉄道グッズ販売コーナーでは禁煙、グリーン車、ドア注意などのステッカーや食堂車のメニューまでありとあらゆるものが販売されています。
それらが次々と売れてゆくのはびっくりします。

詳しくは、WalkerひでのWalking日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤い靴の女の子は海外に行っていなかった。

赤い靴の像と言えば、その歌詞の通り、横浜港を連想します。
それを裏付けるように横浜山下公園の「赤い靴」像は有名です。

しかし、麻布十番にも赤い靴の像があります。そこには意外な事実
が書かれています。

赤い靴の女の子は異人さんに連れて行かれなかったのです。

Imgp61681

この歌詞に登場する女の子の名は「きみ」ちゃんという実在の女の子で、
アメリカ人宣教師・ヒュエット夫妻の養女になったそうでう。
ヒュエット夫妻が任務を終えて帰国しようとしたとき、きみちゃんは結核
におかされ、身体の衰弱もひどく長旅ができず、
麻布永坂にあった鳥居坂教会の孤児院に預けられたのです。

きみちゃんが一人寂しく幸薄い九歳の生涯を閉じたのは、
明治44年9月15日でした。

Imgp61701

あまりに悲しい話です。赤い靴の像のきみちゃんの表情もとても悲しげです。

赤い靴の像について>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻布十番の浪花家が!

セミナーが早く終わったので、会場の六本木ヒルズから麻布十番までぶらぶらと歩いていきました。
先週開催された麻布十番祭りの後だけに、街は静かです。

麻布十番と言えば、そばの更級総本店や更級本店、豆源やたぬき煎餅など、昔からのお店がありますが、今日行って見ると「およげ! たいやき君」のモデルとなったことでも有名なたいやき屋の浪花家総本店がなくなっています。

以前あった場所はビルの工事をしています。
もうお店は閉じたのかと残念に思い近づいてみると、「浪花家総本店ビル」工事とあります。
あの浪花家総本店がビルになるようです。

ちなみに、その間鯛焼きは十番温泉の前のなにわやカフェの前に仮店舗が作られていました。

Imgp61651

麻布十番商店街>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京オリンピックのマラソン折り返し地点

東京調布市の味の素スタジアムといえば、FC東京や東京ヴェルディ1969がホームグラウンドにしているのでおなじみですが、スタジアム正面の甲州街道沿いのロイヤルホストの駐車場脇に、東京オリンピックのマラソン折り返し地点の碑が立っています。

Imgp6082

味の素スタジアムや周辺の公園・調布飛行場となっているこのあたりは、東京オリンピック当時はアメリカ軍の関東村と言われる施設で、オリンピック当時、オリンピック選手村を作るにあたって、代々木近辺にあった米軍施設や住居の移転地でもあったそうです。

マラソンはテレビでよく見ますが、千駄ヶ谷の国立競技場からここまで走ってきて折り返して帰っていくというのは、大変な距離だと実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本橋の薬研掘不動

東日本橋へ出かけ、歩いていると薬研掘不動の案内看板が目に留まりました。
ビルの間にたたずむ由緒がありそうな不動尊に興味がありましたが、暑いし、先を急いでいたので後で調べることにして撮影だけしました。

Imgp6063

家に帰ってから調べてみると、薬研掘不動院は先日風鈴市で訪れた川崎大師の東京別院で、江戸時代には目黒・目白とともに江戸三大不動として知られていたそうで、関東三十六不動の第21番の不動尊だそうです。

年末には江戸時代から続く歳の市でこの周辺は賑わうそうです。
さすがに日本橋界隈は江戸時代からの由緒が多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵比寿麦酒記念館へ

恵比寿に行ったついでに恵比寿ガーデンプレイスにある、恵比寿麦酒記念館を訪ねてみました。

Imgp6078

入り口では8月末に発売になる新製品のビールがを試飲させてくれました。
暑い時期だけに、ゆかた姿の女性に差し出されると一気に飲んでしまいます。

館内で展示されたアサヒビールのデザインや宣伝の歴史は、興味深いものが多いです。
また、館内ではさまざまな種類のビールを特別価格で飲むことができるので、ビール好きの人にはたまらないスポットです。

土産品コーナーの人気商品はこれです。

Imgp6066

ビア納豆とビアクラッカーはおいしそうですが、ビールキャラメルは食べるのに勇気が要りそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本丸の総帆展帆

たまたま、みなとみらいに出掛けると日本丸メモリアルパークに繋留されている帆船の日本丸の総帆展帆の姿を見ることができました。
総帆展帆(そうはんてんぱん)は普段は閉じている日本丸の全ての帆を張ることをいいます。

Imgp6057_1

日本丸の帆(セイル)は全部で29枚あるそうですが、自動で帆を開閉するのではなく、すべて手作業でひろげています。
デッキには大勢の人が並んでいますがとても小さく見えます。

Imgp6058_1

登録したボランティアが総帆展帆に協力しているそうですが、総帆展帆1回行うために毎回100人ほどのボランティアが必要だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横須賀米海軍基地の食べ物

昨日行った横須賀米海軍基地のフレンドシップデーは、普段は立ち入ることができない基地内のお店がテントを並べているので人気です。

Imgp59441

Imgp60151

基地内で作られた横須賀基地オリジナル生ビールは美味しいので評判です。

Imgp60201

Imgp60481

巨大な串焼きや七面鳥の腿など、どれもサイズが並外れています。
アメリカ人の肉好きは相当なものです。

詳しくはWalkerひでのWalking日記へ>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横須賀米海軍基地へ

フレンドシップデーということで、横須賀の米海軍基地に行ってきました。
基地内では、アメリカ海軍第7艦隊の旗艦ブルーリッジ(LCC19)と、7月に配備されたばかりのイージス級駆逐艦マスティン(DDG89)も公開されていました。

Imgp59521

Imgp59731
横須賀を母港とする揚陸指揮艦のブルーリッジは、第7艦隊の旗艦で、第7艦隊の50隻の艦船を指揮統制する能力を備え、動く司令部とも言われています。

Imgp59941

Imgp59861

駆逐艦マスティンは、弾道ミサイルを発射初期段階で迎撃することができる最新イージス戦闘システムと要撃ミサイルSM-3を装備しているそうです。

それぞれ米海軍で重要な役割を果たす船が横須賀に配備されていることは、緊張した世界情勢を身近に感じます。

詳しくはWalkerひでのWalking日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »