« 浜離宮のキバナコスモス | トップページ | 池上本門寺の松涛園 »

庭園美術館へ

目黒の東京都庭園美術館に行ってきました。
東京都庭園美術館は朝香宮邸として1933年(昭和8年)に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したもので、戦後の一時期、外務大臣・首相公邸、国の迎賓館などとして使われたそうです。

Imgp6336

その旧朝香宮邸が、10月1日までの期間、普段は公開していない小客室まで公開されています。

Imgp6353

この建物は1920年代頃のヨーロッパの装飾美術のアール・デコ様式です。
フランス人デザイナーが、主要部分を設計、装飾もフランス等から輸入されたものを使用したそうです。
一方、基本設計と内装の一部は宮内省内匠寮の建築家が担当し、アール・デコ様式に日本独特の感性を付け加え、広大な緑溢れる庭園に囲まれた建物全体が美術品であるところから、庭園美術館と名づけられたそうです。

Imgp6398

秋の時期、この庭は読書をするのに良い場所です

|

« 浜離宮のキバナコスモス | トップページ | 池上本門寺の松涛園 »

散歩」カテゴリの記事

昭和の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/6350304

この記事へのトラックバック一覧です: 庭園美術館へ:

« 浜離宮のキバナコスモス | トップページ | 池上本門寺の松涛園 »