« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

東京最古の木造駅舎の原宿駅へ

先日、取り壊される直前の国立駅の駅舎を訪れました.が、
こちら>>
その時に、「国立駅は大正15年の竣工で、原宿駅舎に次いで、現存する2番目に古い木造駅舎」と知ったので、1番古いという原宿駅へ立ち寄ってみました。

Imgp6965

原宿駅が開業したのは1906(明治39)年ですが、現在の駅舎は関東大震災の翌年、1924(大正13)年の建築で、東京都内に現存する最古の木造駅舎だそうです。

Imgp6971

木造二階建で、トンガリ塔付きの屋根にハーフティンバーの白い外壁は、英国調のアンティークな雰囲気の駅舎です。

Imgp6982

明治神宮の緑を背景にした洋風の原宿駅舎は可愛らしい姿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治神宮へ

新宿から代々木へやってくると明治神宮の代々木口の参道があります。
表参道である原宿口とは違って、こちらは人も少なく静かなので木漏れ日の中、落ち着いた雰囲気の散歩コースです。

Imgp6953

御社殿はこの時期は七五三の家族連れのお参りも多く、晴れ着を着た子供達を外国人観光客が珍しそうに写真を撮っていました。

Imgp6956

御社殿から原宿へ向かう参道では秋らしく菊花展も開かれていました。

Imgp6964

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチ公前広場のアオガエル

新宿から渋谷まで散歩し渋谷駅ハチ公前広場まで来ると、渋谷区が新たに設置したという珍しい電車の車両がありました。

Imgp6986

1954年(昭和29年)に製造され、16年に渡り渋谷・桜木町間を走行した東急「5000系」の先頭車だそうです。
通称「アオガエル」として親しまれたそうですが、確かにユーモラスな曲線の車体は印象的です。

Imgp6989

ハチ公前広場に新たな目印が増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿ゴールデン街

新宿を散歩していると花園神社の隣の一角に新宿ゴールデン街がありました。

Imgp6939

ゴールデン街はといえば、小さな飲み屋やバーが軒を並べ、作家や演劇などの文化人が夜な夜な、酒を飲みながら議論に明け暮れるという界隈というイメージが強いです。

Imgp6949

バブル景気の時代に地上げで歯抜け状態になり、一気に廃れたそうですが、最近は世代替わりし、斬新なコンセプトのお店も増えて注目されているそうです。

新宿ゴールデン街ホームページ>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢佐木町で大道芸見物

横浜伊勢佐木町の目抜き通りのイセザキモールで、大道芸のイベントが開催されていました。
大道芸ワールドカップの歴代チャンピオンを始め、人気の大道芸人達が出演して、通りのあちょこちで、曲芸やマジック、コント等などの妙技を繰り広げています。

Imgp6921

Imgp6900

伊勢佐木町といえば、デビュー前の「ゆず」が路上ライブをしていた場所だけに音楽好きの人も多く、あちこちでライブをしています。

Imgp6911

今日はビッグバンドのジャズ演奏も行われて大人気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本民家園

川崎市の日本民家園まで散歩に出かけました。
日本民家園は、東日本の代表的な民家をはじめ、水車小屋・船頭小屋・歌舞伎舞台など、25件の建物をみることができます。

Imgp6858

入口を入ると、そこは懐かしい雰囲気にあふれた空間です。

Imgp6878

茅葺の家が立ち並ぶ光景はタイムスリップしたような気分になります。

Imgp6869

関東地方の茅葺の家の他に東北や信越の民家も移築されています。
富山県と岐阜県との境に位置する越中五箇山の合掌造りは姿もきれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柿生の里は柿がいっぱい

小田急線の柿生駅から近い、寺家ふるさと村を訪れました。
この時期は柿生の名前通り、柿がいっぱい実っています。

Imgp6842

Imgp6839

里山の風景を残した寺家ふるさと村では、稲刈りの時期です。

Imgp6821

Imgp6824

寺家ふるさと村の今日の風景は、実りの秋の郷愁にあふれた風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京上空ヘリコプター体験

唐突ですが、東京上空をヘリコプターで遊覧飛行することになりました。

Imgp7027

新木場にある東京へリポートから出発です。
ヘリポートは飛行場とは違い、滑走路がいらないので、こじんまりとして家庭的な雰囲気の場所です。

Imgp7002

ヘリコプターは軽量に作られているうえ、簡単なドアなので頼りない感じがして、少し不安になります。

Imgp7012

簡単に離陸し、いきなり浮上する感じはそれまでの緊張感からすると呆気ないです。

Imgp7017

高度を上げてゆくとお台場や皇居、汐留のビル街などが眼下に広がります。

Imgp7021

旋回する時には、機体が傾くので一面に東京のビルが広がります。
あっという間に飛行を終了しました。視界の広いヘリコプターならではの光景は貴重な体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら国立駅の駅舎

中央線の国立駅の駅舎が10月10日で取り壊されると聞いて訪れました。
国立駅のかわいらしい赤い三角屋根の駅舎は印象的です。
この駅舎は大正15年(1926年)当時甲武鉄道といわれた現在のJR中央線に、国立駅が開業した当時のものだそうです。
ロマネスク風の窓がついたとんがり屋根の小さな駅舎は、築後70年以上経った現在でも、モダンで、広く市民に愛され、国立の象徴であっただけに、この姿を惜しむ多くの人が記念撮影をしています。

Imgp6765

Imgp6767

国立という名の由来は、当時の中央線は「国分寺」の次が「立川」で、ちょうどその真中に当たる場所に駅をつくることになっていたため、両方の頭文字を取って「国立」(くにたち)としたからだそうです。
国立大学の一橋大学があるからではないそうです。

Imgp6772

Imgp6781

駅舎の中も懐かしい雰囲気がいっぱいです。

Imgp6786

もう2度と見ることはできない貴重な風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤レンガ倉庫のオクトーバーフェスト

横浜赤レンガ倉庫で開催されているドイツビール祭り『オクトーバーフェスト2006』を訪れました。

Imgp6754

ドイツのミュンヘンで開催される国民的なお祭り「オクトーバーフェスト」を再現し、ビール文化を通じて、日本とドイツの交流を深める祭典だそうです。
会場は休日ということもあり、昼間からビール好きな人で大盛況です。

Imgp6749

Imgp6748

テント内では、ドイツ各地のビール・料理・音楽を楽しむことができ、ステージでは次々とパフォーマンスやゲームが始まり、とてもにぎやかです。

Imgp67271

ジョッキやグラスもドイツから取り寄せたもので、サイズが大きいです。
『オクトーバーフェスト2006』は10月9日までやっているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴天のみなとみらい

今朝は昨日と打って変わって晴天です。
横浜みなとみらいも青空と海がとてもきれいです。

Imgp6762_2

爽やかな空気の中、カッター訓練の子供達の歓声が響いていました。

Imgp6758

出歩くにはよい気候になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »