« 目青不動尊とは | トップページ | 冬至の風景 »

師走の風景

京浜東北線の鶴見駅付近を歩いていると、僧侶がお経を唱えながら商店街から次々と並んで歩いてきます。
その数は200人くらいでしょうか。

Imgp7715_1

この近所には永平寺と並ぶ曹洞宗の大本山、総持寺がありますが、どうやらそこの僧侶の修行の行事のようです。

Imgp7716_1

師走の語源は、師匠の僧がお経をあげるために、東西を馳せる月という意味の「師馳す(しはす)」から来ているそうですが、横断歩道を大勢の僧侶が小走りにわたってゆく姿はまさに「師走」の語源通りの印象的な風景です。

|

« 目青不動尊とは | トップページ | 冬至の風景 »

街角アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/6323894

この記事へのトラックバック一覧です: 師走の風景:

« 目青不動尊とは | トップページ | 冬至の風景 »