« 表参道のライトアップ | トップページ | 目青不動尊とは »

世田谷ボロ市

世田谷で江戸時代から続いているボロ市に行きました。
世田谷ボロ市は、天正6年(1578年)に小田原城主北条氏政がこの地に楽市を開いたのが始まりで、世田谷を代表する伝統行事として、400年以上の歴史を有しています。

Imgp7659_1

最初は古着や古道具など農産物等を持ち寄ったことから「ボロ市」と言われたそうです。
代官屋敷のあるボロ市通りを中心に、約700店の露天が立ち並びます。

Imgp7672_1

Imgp7642_1

Imgp7682_1

ボロ市の由緒通り、農作業用の衣料品や掛け軸、神棚など普段は見かけないものを売る
露天が目に付きます。

Imgp7656_1

ボロ市名物の食べ物は代官餅です。長い行列ができて大変な人気です。

Imgp76501

その場で蒸してついた温かくてお餅はボリュームたっぷりです。
現在は住宅地の世田谷ですが、かつて農村地帯であったことがよく分かるお祭りです。

|

« 表参道のライトアップ | トップページ | 目青不動尊とは »

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

食べ物めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/6325177

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷ボロ市:

« 表参道のライトアップ | トップページ | 目青不動尊とは »