« 銀座発祥の地 | トップページ | 綱坂と綱の手引坂 »

銀座の柳

銀座通りの博品館に近い場所に「銀座の柳」の歌詞と譜面の刻まれた碑があります。

Imgp7830

銀座通りに日本初の街路樹が植えられたのは明治7年(1874年)のこと。
日本の代表的樹木ということで、桜、松、楓が植樹さました。
しかし、銀座は元々、埋立地のため土地に水分が多過ぎ、すぐに枯れてしまいました。
そこで元来、水辺の樹である柳を植えたところ、隆々と育ち風に揺れる風情のある緑がやがて銀座のシンボルとなりました。

大正10年いちょうに植えかえられましたが、柳の風情を惜しむ声は強く、昭和4年には西条八十作詞、中山晋作作曲、佐藤千代子歌う”昔恋しい銀座の柳”の「東京行進曲」が一世を風靡し、同6年柳並木が復活し、再び西条、中山コンビが「銀座の柳」を作り”パリのマロニエ、銀座の柳」と四家文子が歌いました。

Imgp7829

その柳も震災、戦災、道路拡張など三度の転変を経て、昭和43年(1968年)3月に銀座通りからは姿を消し、外堀通りや銀座柳通り、御門通りにその面影を残しています。

|

« 銀座発祥の地 | トップページ | 綱坂と綱の手引坂 »

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

由緒めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/6322662

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座の柳:

« 銀座発祥の地 | トップページ | 綱坂と綱の手引坂 »