« 桜の花ばかりではありません | トップページ | 数寄屋橋の「君の名は」と「銀座の恋の物語」 »

目黒 権之助坂と行人坂

目黒駅から大鳥神社に下る目黒通りの坂を権之助坂と言いますが、
その脇には行人坂という坂もあります。

Imgp8312

江戸中期、中目黒の田道にいた菅沼権之助という名主が、
村人の為に年貢米の取立てをゆるめてもらおうと訴え出たところ、
その行為がかえって罪に問われてしまったそうです。

なんとか助けてほしいと言う村人の願いも聞き入れられず、
権之助は刑に処せられることになり、当時新坂と呼ばれていた
この坂の上から、我が家を振り返り、刑場に引かれていったそうです。

権之助の村に尽くした功績をたたえて、この坂を「権之助坂」と呼ぶ
ようになったとのことです。

また、権之助はこの新坂を切り開いたのを罪に問われたという説も
あります。

Imgp8313

昔の道路は江戸市中から白金を通り、行人坂を下って大鳥神社の前
にぬけていましたが、この道が余りにも急坂で、しかも回り道をしていた
ので権之助が現在の権之助坂を開き、当時この坂を新坂と呼んでいた
そうです。

ところが、江戸時代の道路は利便性より防衛的目的が強く、一気に外敵
が攻め込めないよう一直線を避け、あっちこっち曲げたりして、
見通しをさえぎるようにできていたようです。

こうした社会で権之助が勝手に新坂を開いたため罪に問われたようです。

Imgp8302 

行人坂は、目黒雅叙園西脇を北東へ、目黒川の太鼓橋から目黒駅の東方
に上がる急坂です。
この坂は江戸時代に権之助坂が開かれる前は、二子街道として江戸市中
から目黒筋に通じる大切な道路でした。

Imgp8303

行人坂という名称は、出羽三山の一つ、湯殿山の修験僧たちが坂の途中
に大日如来堂(現大円寺)を建て修行を行うため多くの行者が集まり住む
ようになったことによるそうです。

Imgp8301

このあたりは昔から富士見の名所で行人坂もその一つだそうです。
江戸時代、坂の一角(今の三井銀行裏あたり)には富士見茶屋という茶店
があって、ここから眺める富士の姿は大変に素晴らしいもので、
江戸名所図会「富士見茶亭」には富士を背景に、茶店で一息入れる当時
の人々の姿が描かれています。

昔は、行人坂が江戸市中から目黒筋に通じる幹線道路でしたが、
権之助坂が開かれ明治に入って鉄道が敷設されると坂の主役は、
権之助坂の方に移ったそうです。
明治の頃の権之助坂は、現代の坂より急で車馬の往来が激しく、
時には馬ごと脇の杉林に落ちることもあったそうです。

現在の光景からは想像がつきません。

foot今日も坂めぐり>>

|

« 桜の花ばかりではありません | トップページ | 数寄屋橋の「君の名は」と「銀座の恋の物語」 »

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/6311088

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒 権之助坂と行人坂:

« 桜の花ばかりではありません | トップページ | 数寄屋橋の「君の名は」と「銀座の恋の物語」 »