« 目黒 権之助坂と行人坂 | トップページ | 新緑の日比谷公園 »

数寄屋橋の「君の名は」と「銀座の恋の物語」

銀座の数寄屋橋公園は数寄屋橋の跡です。
数寄屋橋は寛永6年(1629年)江戸城外郭見附として架けられ、
橋の有楽町側には有名な南町奉行所があったそうです。
関東大震災後に近代的な美観の石橋に架け替えられた以降、
銀座の入口として親しまれたそうです。
その銀座の数寄屋橋公園には2つの碑があります。
一つは「数寄屋橋跡」の碑です。

Imgp8287

「番組が始まる時間になると、銭湯の女湯から人が消える」言われる
ほどの大人気であった菊田一夫脚本の「君の名は」(1952年)がラジオ
ドラマで放送されたのをきっかけに、その舞台となった数寄屋橋も
一躍有名になったそうです。

しかし、現在は首都高速と地下鉄に上下を挟まれ橋の姿はなく菊田一夫
筆「数寄屋橋此処にありき」と刻んだ「数寄屋橋跡」碑が建っているのみです。
銀座5丁目1-1 数寄屋橋公園

Imgp8291

その後ろには泰明小学校の校舎が見えます。
明治11年6月開校の泰明小学校は、島崎藤村、北村透谷など、数多く
の逸材を生み出したそうです。

晴海通りを挟んだ数寄屋橋公園の有楽町側には「銀恋」の碑があります。

Imgp8293

歌謡曲「銀座の恋の物語」は昭和36年石原裕次郎と牧村旬子のデュエット
で発表されて以来、爆発的にヒットしたデュエット曲のスタンダードナンバー
ですが、この功績を永く後世に伝えるため、平成2年7月ゆかりの地である
銀座に歌碑が建立されたそうです。

碑の左右には座席を設け、碑を挟んで記念写真が撮れるようになっています。
銀座5丁目1-1 数寄屋橋公園

Walkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

|

« 目黒 権之助坂と行人坂 | トップページ | 新緑の日比谷公園 »

由緒めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/6311043

この記事へのトラックバック一覧です: 数寄屋橋の「君の名は」と「銀座の恋の物語」:

« 目黒 権之助坂と行人坂 | トップページ | 新緑の日比谷公園 »