« 常円寺 便々館湖鯉鮒狂歌碑 | トップページ | 甘酒横丁と谷崎潤一郎生誕の地 »

水天宮へ

日本橋蛎殻町にある安産、子授けの水天宮を訪れました。水天宮駅を降りる人も赤ちゃんを抱いた人や妊娠中の人が目立ちます。

Imgp9221_1

水天宮は福岡県・久留米市にある久留米水天宮の分社で、久留米藩主有馬家により崇敬されていたが、文政元年(1818年)、9代藩主有馬頼徳が江戸の久留米藩江戸屋敷に分霊を勧請した。これが江戸の水天宮の始まりだそうです。

藩の屋敷内にあったため一般の人の参拝できませんでしたが、塀越しに賽銭を投げ込む人が後を絶たなかったそうです。

Imgp9226_4


あまりの人気に応え、毎月5の日に一般の人にも開放され、人々は、「情け深い」ことを感謝する際に、有馬家と水天宮を洒落て、「情け有馬の水天宮」という地口も生まれたほどであった。先日訪れた「恐れ入りやの鬼子母神」という言葉と共に、江戸の一種の流行語だったそうです。

1871(明治4)年、水天宮は屋敷の移転と共に赤坂に移り、さらに翌年、現在の日本橋蛎殻町に移転しました。

Imgp9231_1

社殿の脇には「子宝いぬ」は周囲を取り巻く十二支の内、自分の干支を撫でるとご利益があると伝えられています。

Imgp9223_3

妊婦や赤ちゃん連れが安心して参拝できるよう、境内の下は駐車場でエレベーターで境内に入れるようになっています。

境内は赤ちゃんを中心に記念撮影をする人たちや、安産を祈る人たちの笑顔であふれていました。

Imgp9225_2

Imgp9235_1

そんな人たちを相手に境内には安産グッズを売るお店が並んでいます。

Imgp9228

奉納されている清酒樽も名前は「初孫」です。
水天宮は本当に出産・子授け一色の空間です。

|

« 常円寺 便々館湖鯉鮒狂歌碑 | トップページ | 甘酒横丁と谷崎潤一郎生誕の地 »

寺社めぐり」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/7143002

この記事へのトラックバック一覧です: 水天宮へ:

« 常円寺 便々館湖鯉鮒狂歌碑 | トップページ | 甘酒横丁と谷崎潤一郎生誕の地 »