« 入谷の朝顔市 | トップページ | 水天宮へ »

常円寺 便々館湖鯉鮒狂歌碑

高層ビルが立ち並ぶ西新宿を歩いていると、周囲の雰囲気とは似つかわ
しくない由緒ありげな常円寺という寺院を見かけました。

Imgp9087

境内には「便々館湖鯉鮒狂歌碑」と書かれた石碑があります。
石碑には、狂歌師便々館湖鯉鮒(べんべんかんこりふ)の
「三度たく米さへこはし柔かし おもふままにはならぬ世の中」
という狂歌が刻まれています。

Imgp9079

Imgp9073

石碑の文字は、狂歌・洒落本・滑稽本の作者として知られた大田南畝
(1749~1823年)の筆によるものだそうです。


この寺院には、幕末に南町奉行を勤め嘉永六年に長崎に来航した
プチャーチンと会談し、日露和親条約締結の全権も務めた幕臣筒井政憲
の墓や、日本銀行本店や東京駅を設計した辰野金吾氏の墓所があるそうです。

このあたりは江戸時代には五街道のひとつ甲州街道と青梅街道の分岐点
となる宿場町内藤新宿のすぐ近くだけに江戸時代のエピソードが多そうです。

Walkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

|

« 入谷の朝顔市 | トップページ | 水天宮へ »

寺社めぐり」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

えっ、西新宿にこのようなところがあったんですか?昔、営業で西新宿は廻りきったと思っていましたが、新発見、今度立寄ってみます。

投稿: ロバート | 2007年7月14日 (土) 15時42分

家の近くに常圓寺があり、たまたま覗いて見ました。ショクサン人が書いた便便館の「飯炊きの狂歌」を読んでおりました。検索しましたらblogが出てきました。放浪blog最高です。

投稿: ヴィヴィアン佐藤 | 2009年12月 5日 (土) 13時04分

ヴィヴィアン佐藤さん
コメントありがとうございます。
常圓寺のそばとは、都心にお住まいですね!
また、遊びに来てください。

投稿: walkerひで | 2009年12月 6日 (日) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/7073154

この記事へのトラックバック一覧です: 常円寺 便々館湖鯉鮒狂歌碑:

« 入谷の朝顔市 | トップページ | 水天宮へ »