« 水天宮へ | トップページ | 日本橋はウォーキングの聖地 »

甘酒横丁と谷崎潤一郎生誕の地

水天宮からぶらぶらと歩いてゆくと甘酒横丁がありました。

Imgp9237

明治の初め頃にこの横丁の入り口の南側に水天宮の参拝客に人気の尾張屋という甘酒屋があったことから『甘酒屋横丁』と呼ばれていたそうです。

Imgp9238

Imgp9239

Imgp9240

通りの入り口の豆腐店にはさまざまな甘酒商品が並んでいます。
甘酒屋が軒を並べているわけではありませんでしたが、甘酒横丁は和菓子店、たい焼き屋、手焼きせんべい屋、三味線屋など、下町情緒あふれる昔ながらの通りです。

Imgp9242

Imgp9250

Imgp9254

「甘酒横丁」の交差点を挟んで反対側には向田邦子さんも常連だったという、大正8年創業「喫茶去(きっさこ)快生軒」や親子丼で有名な「玉ひで」があります。そのすぐそばのビルの壁面には「谷崎潤一郎生誕の地」の碑があります。
谷崎潤一郎は、1886年、この地にあった祖父の経営する谷崎活版所で誕生したそうです。


Imgp9269

Imgp9268 


この一角には歴史があって下町らしいおいしそうなお店が多くて目移りしてしまいます。

|

« 水天宮へ | トップページ | 日本橋はウォーキングの聖地 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

由緒めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/7143801

この記事へのトラックバック一覧です: 甘酒横丁と谷崎潤一郎生誕の地:

« 水天宮へ | トップページ | 日本橋はウォーキングの聖地 »