« 兜神社と兜町の町並み | トップページ | 日本橋 一石橋 »

鹿鳴館跡の碑


日比谷通りに面した帝国ホテルの隣の大和生命の前庭に鹿鳴館跡の碑があります。

Imgp9341

塀の壁面に掲げられた碑には
「ここは、もと薩摩の装束屋敷の跡であって、その黒門は戦前まで国宝であった。その中に明治十六年鹿鳴館が建てられ、鹿鳴館時代の発祥地となった。」とあります。

Imgp9338

鹿鳴館は、東京内幸町に建てられた洋風建築の社交クラブで、イギリス人コンドルの設計で、1883年(明治16)落成した煉瓦造り二階建ての建物です。
外務卿井上馨が不平等条約の改定を目的として、列強各国に我が国が西洋文明を受け入れた同等の国である事を誇示する為に建てられた社交場で、毎週、貴族、お雇い外国人、列強外交官を招いて舞踏会が繰り広げられたそうです。

Imgp9340

現在はビル内禁煙のせいなのか喫煙コーナーとなっており、ビジネスマンの憩いの場となっています。

|

« 兜神社と兜町の町並み | トップページ | 日本橋 一石橋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

由緒めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/7422534

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿鳴館跡の碑:

« 兜神社と兜町の町並み | トップページ | 日本橋 一石橋 »