« 上野の駅伝の碑と正岡子規記念球場 | トップページ | 奥多摩日原の風景 »

日原鍾乳洞へ

青梅線奥多摩駅からバスで30分。そこから更に徒歩でゆくと日原鍾乳洞があります。

Imgp9435

日原鍾乳洞は関東随一の規模だそうです。

Imgp9443

鍾乳洞内は年間を通じて11℃です。夏のこの時期はひんやりと言うより寒く感じます。

Imgp9495

洞内は通路や照明等の設備は万全ですが、湧水で濡れた場所や狭くて急な階段が
続くので足元に気を取られていると、頭を岩にぶつけてしまいます。

Imgp9461

賽の河原・地獄谷・三途の川と言った不気味な名前を付けられた場所が各所に有
ります。
Imgp9472_1 

狭い通路から突然広がる大広間と名づけられた地底の広場には、驚かされます。

Imgp9494

しかし、このあたりまでは「鍾乳洞」というよりも、「洞窟」と言ったイメージのほうが
強いです。
更に、新洞部分に行くと鍾乳洞らしい鍾乳石の石筍や石柱の姿を見ることができます。

Imgp9480

つらら状に垂れ下がる鍾乳石は、3センチ伸びるのに200年、上に向かって成長
する石筍は400年の年月を費やすそうです。まさに大自然の神秘です。

見学し外に出ると洞内とは20度以上違う真夏の光景です。
メガネとカメラのレンズが一気に曇ってしまいました。

|

« 上野の駅伝の碑と正岡子規記念球場 | トップページ | 奥多摩日原の風景 »

旅行・地域」カテゴリの記事

街角アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/7548809

この記事へのトラックバック一覧です: 日原鍾乳洞へ:

« 上野の駅伝の碑と正岡子規記念球場 | トップページ | 奥多摩日原の風景 »