« 日本橋 一石橋 | トップページ | 不忍池弁天堂は記念碑がいっぱい »

上野の彰義隊と天海僧正

上野公園を歩いていると、西郷隆盛像の後ろの木陰に彰義隊戦死者の墓がありました。

Imgp9299

大政奉還後に上野寛永寺に謹慎した徳川慶喜を警護していた旧幕臣らを中心に結成された彰義隊は、徳川慶喜の水戸移転後も寛永寺に陣取っていましたが、新政府軍との戦い(上野戦争)に敗北し、壊滅したそうです。
ここは、上野戦争で死んだ彰義隊士を円通寺の住職が荼毘に付したところです。
正面の小さな石が明治2年に刻まれたもの、背後の大きな石が明治14年
に造立されたものだそうです。
明治政府への配慮から「戦死之墓」とのみ刻まれています。
題字は山岡鉄舟の筆。


彰義隊の墓の奥(北側)に天海僧正毛髪塚があります。

Imgp9302

徳川家康のブレーンとして江戸幕府の設立に活躍した政僧、天海僧正は江戸城の鬼門(北東)にあたるこの地に寛永寺を創建し、東の比叡山ということで東叡山と名付けましたその後108歳の長寿で、寛永20年(1643)死去し、この地に供養塔がつくられたそうです。

江戸幕府の庇護を受けた寛永寺は、子院36を含めた70の堂塔伽藍が立ち並ぶ巨刹に成長しましたが、幕末の上野戦争で五重塔や清水観音堂、総門など除いて焼失して
しまったそうです。

こんな近くに上野の歴史が凝縮しています。

|

« 日本橋 一石橋 | トップページ | 不忍池弁天堂は記念碑がいっぱい »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/7495685

この記事へのトラックバック一覧です: 上野の彰義隊と天海僧正:

« 日本橋 一石橋 | トップページ | 不忍池弁天堂は記念碑がいっぱい »