« 奥多摩の町と東京都最西端のコンビニ | トップページ | 「かもめの水兵さん」と「こいのぼり」の歌碑 »

吉祥寺の地名の由来は

駒込の吉祥寺は、エピソードの多い寺院です。

Imgp9351

曹洞宗諏訪山吉祥寺は明暦三年(1657年)の振袖火事の後、神田駿河台から
現在の駒込に移転したそうです。
現存する建物は山門と経蔵のみですが、山門には「旃檀林」(せんだんりん)の額
が掲げられています。
旃檀林とは1592(文禄元)創立の曹洞宗(そうとうしゅう)の学校(禅学の中心道場)で、
現在の駒沢大学の母体だそうです。

山門をはいると、八百屋お七のお七・吉三の比翼塚(ひよくづか)が目に付きます。

Imgp9356

1682(天和2)年12月大火のために、本郷の八百屋市左衛門の一家は駒込の吉祥寺
に避難しました。
そこで市左衛門の娘お七は、寺小姓の吉三郎(きちさぶろう)と恋に落ちます。
やがて一家は無事に本郷へ戻りますが、お七は吉三郎に逢いたくて翌1683(天和3)
年1月もう一度火事になったら吉三郎に逢えると考え、我が家に放火してしまい
お七は火あぶりの刑に処されたそうです。

追記:その後訪れた白山の円乗寺にも八百屋お七の逸話がありました。

Imgp9372 

今も残る創建当時の経蔵は都内唯一の江戸時代の経蔵だそうです。

Imgp9360

Imgp9359

また二宮尊徳の墓所もあります。脇には薪を背負い本を読む二宮金次郎像が
建っています。

なお、中央線の吉祥寺(きちじょうじ)(武蔵野市)は、明暦の大火のあと、当時
水道橋にあったこの寺の門前町の住民が移住し、新田開発した場所であることから
地名となったそうです。 

|

« 奥多摩の町と東京都最西端のコンビニ | トップページ | 「かもめの水兵さん」と「こいのぼり」の歌碑 »

寺社めぐり」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/7580703

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥寺の地名の由来は:

» 駒澤大学についての話題 [駒澤大学受験ガイド★入試 入学 偏差値 倍率 大学院 サークル 就職]
駒澤大学についていろいろ調べたい、駒澤大学を受験しようと考えている方、入試 入学 偏差値 倍率 大学院 サークル 就職の情報が知りたい、はたまた駒澤大学の図書館とか、最新情報に興味があるという方へ。こちらでは「駒澤大学」について話題にされているブログをご紹介します。駒澤大学苫小牧高校。初戦敗退。あの子供の涙が頭から消えません....地元は北海道なのですが、北海道といえば、駒澤大学苫小牧高校。去年の準優勝校です。 今年もやってくれるかと思ったら、なんと初戦敗退。速報を聞いてビッ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月29日 (水) 13時57分

« 奥多摩の町と東京都最西端のコンビニ | トップページ | 「かもめの水兵さん」と「こいのぼり」の歌碑 »