« 吉祥寺の地名の由来は | トップページ | 目赤不動尊へ »

「かもめの水兵さん」と「こいのぼり」の歌碑

駒込の吉祥寺には童謡「かもめの水兵さん」の歌碑があります。

「かもめの水兵さん」は、昭和8年の秋、横浜港のメリケン波止場に叔父を見送
りに来ていた童謡詩人の武内俊子が、桟橋に飛び群れていたカモメを見て強い印
象を受け、作詞したそうです。

横浜の山下公園に歌碑があり、以前訪れたことがありますが、吉祥寺には作曲者
の河村光陽の墓所があり、そこに歌碑があります。

Imgp9363
(クリックで拡大)

境内の広い墓所の一角にあるので分かりにくいですが、事務所で尋ねると
わざわざ案内してくれました。

吉祥寺の江戸時代の創建時からある経蔵と鐘堂の間には、童謡「こいのぼり」の
譜面を刻んだ歌碑があります。

Imgp9369
(クリックで拡大)

童謡のこいのぼりには同名曲がいくつかあります。

◇作詞者不詳、作曲・弘田龍太郎 『鯉のぼり』1914年(大正3年)
 「甍の波と雲の波・・・・」

◇作詞・近藤宮子、作曲・小出浩平 『こいのぼり』1931年(昭和6年)
 「やねより 高い こいのぼり・・・・」

この「こいのぼり」の作曲者の小出浩平をたたえたものだそうです。


Walkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

|

« 吉祥寺の地名の由来は | トップページ | 目赤不動尊へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/7580857

この記事へのトラックバック一覧です: 「かもめの水兵さん」と「こいのぼり」の歌碑:

» 【 こいのぼり 】について最新のブログの口コミをまとめると [プレサーチ]
こいのぼりに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

受信: 2007年11月13日 (火) 00時02分

« 吉祥寺の地名の由来は | トップページ | 目赤不動尊へ »