« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

新橋駅 鉄道唱歌の碑

新橋駅前には鉄道唱歌の碑があります。
碑の上には可愛らしい機関車が載っています

Imgp0051


『鉄道唱歌』は、東海道線が全線開通(明治22年)してから10年後の
明治32年(1899)大和田建樹氏の作詞で発表されたました。

「汽笛一声新橋を…」という歌い出しがお馴染みですが、歌詞は66番まであり、
新橋から神戸に至る東海道線沿線の様子をうたっているそうです。

しかし、この歌、実は『東海道編』『山陽・九州編』『奥州・磐城編』『北陸
編』『関西・参宮・南海各編』『北海道編』や『満韓鉄道唱歌』などまで
あるそうです。
隣にあるのは機関車C-58の動輪です。

Imgp0052

1938(昭和13年)から1947年(昭和22年)間での間で427両が製造され、
昭和50年まで走っていたそうです。

noteWalkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

江戸川乱歩邸

池袋の立教大学の隣には名探偵明智小五郎や怪人二十面相などで有名な
推理小説家の江戸川乱歩邸が保存されています。

Imgp01101_3

江戸川乱歩邸の応接間が一般公開されていますが、昭和初期の
品格のある洋間です。

Imgp01131

乱歩は1934年、立教大学に隣接する住宅に移り住み、71歳で死去するまで
住み続けていたそうです。
乱歩が「幻影城」と呼んでいた二階建ての書庫兼書斎の土蔵には、乱歩が
収集した2万点近くの資料や蔵書が保管されているそうです。

江戸川乱歩邸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立教大学の鈴懸の径(すずかけのみち)歌碑

立教大学のキャンパスに入るとすぐ眼に入るのが、ツタが絡まった
レンガ造りのモリス館です。
立教大学が池袋に移転した1918年(大正7年)に建てられたものだそうです。


Imgp01041

歴史ある建築物の多いキャンパスは落ち着いた雰囲気です。

Imgp0101

キャンパス内のプラタナス並木はプラタナスの和名の「鈴懸の径」と
名づけられています。聞いたことのある名前なので探してみるとやはり
『鈴懸の径』(すずかけのみち)の歌碑がありました。

Imgp0099

『鈴懸の径』は、故・灰田勝彦氏(立教大学経済学部卒)が歌った
昭和のヒット曲です。
鈴懸の径

Walkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代々木公園の猫

代々木公園を歩いていると人盛りがあったので近寄ってみました。

Imgp0094

細い柱の上に上手に着飾った猫が乗っています。
繋がれている訳でもないのに、おとなしく座っている姿はユーモラスですが、
不自然な姿を見ていると可哀想な感じもしてきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

北名古屋市 歴史民俗資料館

名鉄西春駅から近い北名古屋市歴史民俗資料館を訪れました。

北名古屋市歴史民俗資料館は、昭和時代の暮らしを再現した博物館として
有名ですが、実際に訪れてみると図書館の3階であることに驚きます。
若干不安を抱え、3階にゆくと、いきなり昭和の世界に引き込まれます。


Imgp0069


Imgp0070
昭和の商店

昭和を再現した家々に並ぶ品々はどれも懐かしいものばかりです。
これほどの多種多様で貴重な昭和の品々はすべて寄付によるもので
税金を使っていないそうですが、それにも驚かされます。

Imgp0071
昭和の町並み

Imgp0074
昭和の理髪店


Imgp0076
昭和の居間

懐かしい雰囲気にいつまでも立ち去りがたい気分にさせてくれます。
先日訪れた、東京の久が原にある昭和のくらし博物館でも感じましたが
昭和は歴史のかなたになってきました。

北名古屋市歴史民俗資料館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅と東京中央郵便局

1914年(大正3年)辰野金吾により赤レンガ駅舎の東京停車場として
誕生した東京駅ですが、1945年(昭和20年)に米軍のB29による焼夷弾
の直撃を受け、駅舎のドームと3階部分が消失たそうです。

戦後の厳しい財政事情では元通りに再建することはできず、1951年
(昭和26)の改修工手で2階建てになり、屋根形状も木造トラスの八角屋根
に簡略化されたそうです。
Imgp0041

それが、現在の東京駅の姿だそうです。
それでも充分風格がありますが、JRでは赤レンガ駅舎を創建当初の姿
に復原し、重要文化財である赤レンガ駅舎を駅、高級ホテル、ギャラリー
等として有効に活用していく計画があるそうです。
東京ステーションシティへ>>

そうなると、現在の東京駅の姿も再び見ることができない貴重な姿に
なってしまいます。


Imgp0038

東京駅のすぐ隣にある東京中央郵便局の建物は、大阪中央郵便局の
設計者として知られる逓信省の吉田鉄郎の設計により、1931年に完成
したそうです。

当時の建築家で都市計画家のブルーノ・タウトは伊勢神宮、桂離宮にも
通じる合理性・機能性と美しさが融合した、モダニズムの傑作と高く評価
したそうです。
東京駅と東京中央郵便局は地下通路で通じており、鉄道郵便物のトロッコ
輸送が行われていたそうです。

この東京中央郵便局の建物も郵政民営化に伴い、建て替えが検討されて
いるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜散歩

天気が良いので、横浜みなとみらいから山下公園まで散歩しました。
この時期、みなとみらいではJAZZフェステバルが開かれあちこちからJAZZが
聞こえてくるし、赤レンガ倉庫ではドイツビール祭り「オクトーバーフェスト」 
(昨年の様子)が開催されているので賑やかです。

Imgp0053

Imgp0055_3 

青空の横浜港はとても爽やかな空気です。

Imgp0057

山下公園では大道芸をのんびりと楽しむ人たちも大勢います。
これからの季節、横浜は楽しい散歩コースです。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »