« 江戸川乱歩邸 | トップページ | 秋の寺家ふるさと村 »

新橋駅 鉄道唱歌の碑

新橋駅前には鉄道唱歌の碑があります。
碑の上には可愛らしい機関車が載っています

Imgp0051


『鉄道唱歌』は、東海道線が全線開通(明治22年)してから10年後の
明治32年(1899)大和田建樹氏の作詞で発表されたました。

「汽笛一声新橋を…」という歌い出しがお馴染みですが、歌詞は66番まであり、
新橋から神戸に至る東海道線沿線の様子をうたっているそうです。

しかし、この歌、実は『東海道編』『山陽・九州編』『奥州・磐城編』『北陸
編』『関西・参宮・南海各編』『北海道編』や『満韓鉄道唱歌』などまで
あるそうです。
隣にあるのは機関車C-58の動輪です。

Imgp0052

1938(昭和13年)から1947年(昭和22年)間での間で427両が製造され、
昭和50年まで走っていたそうです。

noteWalkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

|

« 江戸川乱歩邸 | トップページ | 秋の寺家ふるさと村 »

乗り物めぐり」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/8729074

この記事へのトラックバック一覧です: 新橋駅 鉄道唱歌の碑:

» 鉄道唱歌 歌詞 [鉄道]
新橋駅 鉄道唱歌の碑『鉄道唱歌』は、東海道線が全線開通(明治22年)してから10年後の明治32年(1899)大和田建樹氏の作詞で発表されたました。 「汽笛一声新橋を…」という歌い出しがお馴染みですが、歌詞は66番まであり、 新橋から神戸に至る東海道線沿線の様子をうたって..... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 12時01分

« 江戸川乱歩邸 | トップページ | 秋の寺家ふるさと村 »