« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

神宮外苑の銀杏並木

都内も紅葉の季節になってきたので、神宮外苑の銀杏並木を訪れました。

Imgp8869

銀杏の色づき具合は、樹によってバラつきがあります。
今年は例年より黄葉の進み方が少し遅いようです。

Imgp8876

見事に黄色くなった銀杏もあり、大勢の人がカメラを向けています。


Imgp8880

暖かな銀杏並木を家族連れやカップルなどがのんびりと散歩しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那珂湊漁港へ

茨城県の那珂湊漁港へやってきました。

Imgp8790

那珂湊漁港はかつお一本釣りやさんま漁を中心に、さまざまな魚が
水揚げされている、国内有数の漁港だそうです。

Imgp8801

Imgp8792

水揚げされたばかりの魚介類を、港に軒を連ねる鮮魚店で買い求める人や
新鮮な海の幸を飲食店で味わうことができるので、大変な賑わいです。

Imgp8799 

慣れた手さばきで次々に干物にしてゆく光景も見かけます。

Imgp8794

イカを回転させながら干す装置にはクリスマスの飾りがつけられています。
回転するイカのクリスマスツリーは愛嬌のある風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

袋田の滝

日本三名瀑のひとつに数えられる茨城県大子町の袋田の滝を訪れました。

Imgp8841 

高さ120m・幅73mの袋田の滝は大岸壁を四段に流れることから、
「四度の滝」とも呼ばれるそうで、西行法師が訪れた際、
「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわからない」と絶賛
したとも言われるそうです。

Imgp8847

トンネルの先にある要塞のような瀑台からだけではなく、
脇から見る袋田の滝葉もきれいです。

Imgp88501

紅葉に包まれた滝の姿は、四度の滝と言われる理由が分かります。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜神峡大吊橋へ

茨城県常陸太田の竜神峡大吊橋を訪れました。

Imgp8826

長さ375m高さ100mの竜神峡大吊橋は昨年までは日本一の長さでしたが
平成18年10月30日完成の大分県九重の夢大吊橋(高さ173m、長さ390m)
により、現在は日本二位で本州一大きな吊橋になったそうです。

Imgp8816

竜神峡は原生林の中、十数kmに渡って断崖絶壁が続くV字型渓谷です。
足元には、その竜神峡に造られた竜神ダムとダム湖が広がっています。

Imgp8814

高さ100mから竜神峡を見渡すと、周囲の紅葉した山々が一望できます。

Imgp8821

晩秋の山の姿は味わい深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花園神社の酉の市へ

新宿の花園神社を訪れると、今日は二の酉の前夜祭です。

Imgp8765

前夜祭とはいえ、境内は大変な人出です。

Imgp8776

開運招福・商売繁盛・家内安全などの熊手を売る熊手商も大変な人出です。

Imgp8768

Imgp8767

酉の市は、大鳥神社の祭神の日本武尊が東夷征伐の戦勝祈願をし、
帰還の時にお礼参りをしたことにちなみ、日本武尊の命日である11月
の酉の日に行われるようになったそうです。

Imgp8773

花園神社の酉の市は、まもなく師走を迎える晩秋の新宿の風物詩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜並木の冬支度

近所の桜並木では、朝から桜の樹の1本づつに藁を巻く作業
が行われています。

Imgp8729

熟練した手つきで次々にわらを巻いてゆきます。

幹にわらを巻くと、桜の樹につく害虫がその中に潜り込んで
越冬するので、春にそのわらを焼き駆除します。

Imgp87311

夕方見るとすべての桜の樹にわらが巻かれています。
マフラーを巻いたような桜の樹の姿は温かそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御岳渓谷の「お山の杉の子」の歌碑

Imgp8688

奥多摩の御岳渓谷の遊歩道を歩いていると、鵜の瀬橋付近に
「昔々その昔、しいの木林のすぐそばに・・・」で始まる
童謡「小山の杉の子」の歌碑がありました。

Imgp8699

作曲者の佐々木すぐる氏が戦時中この辺りに疎開し、地元の小学校の
校歌を作曲するなどしていたそうです。
この辺りの美しい杉木立杉林に囲まれた緑豊かな自然を愛していた彼
により昭和19年に作られたそうです。

Imgp8697

歌碑は、佐々木すぐるさん自筆の原譜のほか、発表当初からこの歌
を歌っていた安西愛子さんが書いた歌詞の碑が一対になっています。

Imgp8696

お山の杉の子は奥多摩の豊かな自然によく似合う童謡です。
お山の杉の子>>

Walkerひで”今日も歌碑めぐり”>>





| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥多摩 御岳渓谷の紅葉

奥多摩の御岳渓谷へ出かけました。

Imgp8711

多摩川もこのあたりまで来ると、大きな岩がごろごろしています。
それらをカヤックがすり抜けて行きます。また岩登りの練習をしている
姿も見かけます。



Imgp8687

赤や黄色に色づいた木々が綺麗です。

Imgp8709

見事に色づいたもみじの付近では多くの人が写真撮影をしています。

Imgp8712 

Imgp8718

奥多摩の紅葉は今週来週あたりが身頃のようです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵比寿ガーデンプレイス バカラの巨大シャンデリア

恵比寿ガーデンプレイスで今年も巨大シャンデリアが点灯しました。

Imgp8640

Imgp8641

高さ約5m、幅約3mのフランスバカラ社のシャンデリアは、8,226ピースの
クリスタルパーツとライト250灯で構成されているそうです。

Imgp8646

センター広場に向かう坂道のプロムナードにはレッドカーペットが敷かれ
雰囲気を盛り上げています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座ミキモトのクリスマスツリー

Imgp8636 

銀座通りのミキモトの店頭に、今年もクリスマスツリーのイルミネーション
が始まりました。

今年で30回目を迎えるミキモトのクリスマスツリーですが、2007年のテーマ
は「メリープラネット(A Merry Planet)美しい星へ」だそうです。

Imgp8629

「星に願いを」の音色とともに、約3000個の光の飾りと天使やガラスのオブジェ
などが飾られています。

Imgp86311

ツリーに使われるのは、群馬県から運ばれてきた高さ約10m、樹齢40年から
50年のもみの木だそうです。

多くの人が代わる代わる記念撮影をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻布の鳥居坂、暗闇坂、永坂

六本木ロアビルの脇から麻布十番方面に下る坂が鳥居坂です。
途中には、明治期は井上馨邸、戦前は三菱財閥当主岩崎小弥太
の屋敷であった場所にロックフェラー財団などによって建てられた
国際文化会館や、東洋英和女学院があります。

Imgp8609

坂名の由来は、江戸時代に坂の東側に大名鳥居家の屋敷があった
からとも、また麻布氷川神社の二の鳥居があったからとも
言われているそうです。

坂を下り麻布十番温泉の前で麻布十番商店街を横切り元麻布へ向かう、
急勾配で細い坂が暗闇坂です。


Imgp8600

江戸時代の頃は、松平源太夫の屋敷や増上寺の隠居屋敷が両脇にあり、
暗くなるほど樹木が生い茂っていたことから名付けられたそうです。

現在でも両脇が高い壁で囲まれ、少しうっそうとした雰囲気のなか
タクシーの抜け道らしくタクシーが次々と走り抜けています。

Imgp8614

Imgp8615

麻布十番商店街から近い、新一の橋交差点から飯倉に登る長い坂
が永坂です。
ここ永坂にあるのが寛永年間から続くそばの永坂更科本店です。

Imgp8611

この麻布十番には3つの更科蕎麦屋があります。

総本家更科堀井、総本家永坂更科布屋太兵衛、麻布永坂更科本店
3店です。
更科堀井と布屋太兵衛は十番商店街にあり、麻布永坂更科本店は
永坂を下った新一の橋交差点の角にあります。

共通するのは真っ白な蕎麦粉でつくる更科蕎麦ですが、いずれの

店もかなりの歴史があります。


foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京タワーのイルミネーション

今年も各地でイルミネーションが始まり、ナイトウォークの機会
が増えそうです。まず手始めに、東京タワーです。




都営地下鉄三田線の御成門から増上寺脇を抜けて東京タワーを
目指しますが、増上寺境内の千躰子育て地蔵尊が闇に並ぶ姿は
通り抜けるには勇気がいります。



東京タワー正面玄関前のツリーは高さ15mの生のモミの木で
都内最大級だそうです。



Imgp8591

そのモミの木に、約14,000個のイルミネーションとオーナメント
が飾られています。

Imgp85961

夜空にそびえる東京タワーのオレンジと、優しい白のツリーの
イルミネーションの競演は、東京タワーならではの迫力です。

12月になると『午前0時、東京タワーのライトアップが消える瞬間
を一緒に見つめたカップルは永遠の幸せを手に入れる・・・』

という東京タワーの「ライトダウン伝説」にちなみ、
毎晩8時にライトダウンされ30分間限定のイベントとして、
大展望台に浮かび上がるハートマークや、地上に繋がるフラッシュ
ライトがクリスマスソングに合わせ輝くそうです。

Imgp8597

12月22日(土)~25日(火)の4日間には、1日3回実施(18時・20時・
21時30分)されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

日本丸の総帆展帆

みなとみらいは、いつもさまざまなイベントが行われています。
今日はまた変わった風景です。

Imgp8574

竹馬に乗って優雅な姿で歩き回る姿は幻想的です。

Imgp8582

日本丸メモリアルパークにゆくと、今日は帆船日本丸が全ての帆をひろげる
総帆展帆(そうはんてんぱん)です。

Imgp8586

日本丸の帆は全部で29枚あり、すべて手作業でひろげられます。
総帆展帆1回行うために毎回100人ほどのボランティアが必要なので
年に数回しか見ることのできない風景です。

Imgp8588

高層ビルと並んだ帆船の姿は横浜ならではの姿です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

秋の寺家ふるさと村

久しぶりに柿生の寺家ふるさと村を訪れました。

Imgp0152

懐かしい秋の風景が広がっています。

Imgp0143

コスモス畑の向こうには水車がのんびりと回っています。

Imgp0137

柿生だけにあちこちに柿が実っています。

Imgp0140

Imgp0141

ところどころ色づいた紅葉がきれいです。
のどかな里の秋を感じられる寺家ふるさと村は、多くのひとが
訪れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »