« 東京タワーのイルミネーション | トップページ | 銀座ミキモトのクリスマスツリー »

麻布の鳥居坂、暗闇坂、永坂

六本木ロアビルの脇から麻布十番方面に下る坂が鳥居坂です。
途中には、明治期は井上馨邸、戦前は三菱財閥当主岩崎小弥太
の屋敷であった場所にロックフェラー財団などによって建てられた
国際文化会館や、東洋英和女学院があります。

Imgp8609

坂名の由来は、江戸時代に坂の東側に大名鳥居家の屋敷があった
からとも、また麻布氷川神社の二の鳥居があったからとも
言われているそうです。

坂を下り麻布十番温泉の前で麻布十番商店街を横切り元麻布へ向かう、
急勾配で細い坂が暗闇坂です。


Imgp8600

江戸時代の頃は、松平源太夫の屋敷や増上寺の隠居屋敷が両脇にあり、
暗くなるほど樹木が生い茂っていたことから名付けられたそうです。

現在でも両脇が高い壁で囲まれ、少しうっそうとした雰囲気のなか
タクシーの抜け道らしくタクシーが次々と走り抜けています。

Imgp8614

Imgp8615

麻布十番商店街から近い、新一の橋交差点から飯倉に登る長い坂
が永坂です。
ここ永坂にあるのが寛永年間から続くそばの永坂更科本店です。

Imgp8611

この麻布十番には3つの更科蕎麦屋があります。

総本家更科堀井、総本家永坂更科布屋太兵衛、麻布永坂更科本店
3店です。
更科堀井と布屋太兵衛は十番商店街にあり、麻布永坂更科本店は
永坂を下った新一の橋交差点の角にあります。

共通するのは真っ白な蕎麦粉でつくる更科蕎麦ですが、いずれの

店もかなりの歴史があります。


foot今日も坂めぐり>>

|

« 東京タワーのイルミネーション | トップページ | 銀座ミキモトのクリスマスツリー »

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

食べ物めぐり」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
弊社、広告などを製作しているデザイン事務所です。
ひでさんの過去に書かれた日記の神楽坂の写真を使用させていただきたいのですが。
ご連絡をください。
よろしくお願い致します。

投稿: FL田島 | 2007年11月15日 (木) 16時45分

FL田島さん
Walkerひで日記の写真をベースに東京新聞にイラストを掲載いただきありがとうございました!!
素人の拙い写真が素敵なイラストになりとてもうれしいでした。

投稿: Walkerひで | 2008年1月 2日 (水) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/8868810

この記事へのトラックバック一覧です: 麻布の鳥居坂、暗闇坂、永坂:

« 東京タワーのイルミネーション | トップページ | 銀座ミキモトのクリスマスツリー »