« 塩船観音のつつじ | トップページ | みかんの花咲く丘の歌碑 »

「青い背広で」の歌碑

P1000907

川崎駅近くの川崎信用金庫裏手の川崎信金ふれあい広場に、昭和12年(1937年)
に流行った「青い背広で」(佐藤惣之助作詞 、古賀政男作曲)の歌碑があります。

P1000903

作詞の佐藤惣之助の生家は川崎宿の上本陣佐藤家で、この場所の
北隣の砂子2丁目4番地がそのばしょであることから、歌碑が建てられたそうです。


P1000905

詩人の佐藤惣之助は歌謡作詞も数多いそうで、「赤城の子守唄」「人生劇場」
「新妻鏡」「男の純情」「湖畔の宿」「人生の並木道」「すみだ川」など、や現在も
よく耳にする、阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」も彼の作品だそうです。

Walkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

|

« 塩船観音のつつじ | トップページ | みかんの花咲く丘の歌碑 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/21018899

この記事へのトラックバック一覧です: 「青い背広で」の歌碑:

« 塩船観音のつつじ | トップページ | みかんの花咲く丘の歌碑 »