« 神戸三ノ宮 生田神社 | トップページ | 明石 魚の棚商店街 »

明石天文科学館の「一番星見つけた」の歌碑と宇宙桜

東経135度の日本標準時子午線の上に建てられたP1000841
明石市天文科学館の正面玄関脇に文部省唱歌「一番星見つけた」の歌碑が
ありました。

P1000832

「一番星ミツケタ」の作詞者生沼勝は明石高等女学校の校長を務めたそうです。
明石高等女学校は今の兵庫県立明石南高等学校の前身です。

P1000838

この頃に生沼が作った詩に、信時潔が曲をつけてできた歌が、「一番星見つけた」
だそうです。
天文台があるこの地で、星を素材にした曲が生まれたのは、このお明石の地が
星がきれいに見える場所であったことが良く分かります。

P1000834

歌碑の前には宇宙桜と記された桜の木があります。

P1000835

宇宙桜とは、宇宙飛行士の毛利衛さんとともに、2000年2月にスペースシャトル
「エンデバー」で宇宙旅行をした「エゾヤマザクラ」の種子を育てたものだそうです。

2001年5月にその種子の73%が発芽し、順調に生育し、そのうちの45本の苗木が
毛利さんが会長を務める全国科学館連携協議会の協力で全国の科学館に配布され、
この明石市天文科学館の宇宙桜もその1本だそうです。

宇宙を旅してきた桜とは、ロマンがあります。明石市天文科学館を訪れると
普段はあまり意識したことのない宇宙を身近に感じさせてくれます。

Walkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

|

« 神戸三ノ宮 生田神社 | トップページ | 明石 魚の棚商店街 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/20803125

この記事へのトラックバック一覧です: 明石天文科学館の「一番星見つけた」の歌碑と宇宙桜:

« 神戸三ノ宮 生田神社 | トップページ | 明石 魚の棚商店街 »