« 六本木の芋洗坂と饂飩坂 | トップページ | 六本木1丁目の道源寺坂 »

寄席坂と丹波谷坂

六本木の交差点から赤坂方面に下ると、寄席坂という坂があります。

P1010003

坂の途中の北側に明治から大正三年にかけて福井亭という寄席があった
ために、寄席坂と呼ばれるようになったそうです。

P1010004

この付近は、六本木の喧騒を感じさせない静かな住宅地です。

P1010009
所在地: 港区六本木三丁目四番と五番の間

P1010010

寄席坂を登りきると、すぐに丹波谷坂という坂があります。

P1010011

元和年間にこのあたりに、旗本岡部丹波守の屋敷ができ、坂下を丹波谷と
いったそうです。明治初期になり、この坂が造られたときに、谷の名から
なづけられたそうです。
所在地: 港区六本木三丁目五番と六番の間

foot今日も坂めぐり>>

|

« 六本木の芋洗坂と饂飩坂 | トップページ | 六本木1丁目の道源寺坂 »

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、おひさしぶりです。
六本木は、ホント坂が多いですよね。
私も以前、ブラブラ探索しましたが、
江戸時代とかは、どんな所だったんだろうと
想像しちゃいました。
今は、華やかな六本木ですが・・・。
とてもコメントためになりました V( ^_*)b

投稿: ロバート | 2008年6月16日 (月) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/21339506

この記事へのトラックバック一覧です: 寄席坂と丹波谷坂:

« 六本木の芋洗坂と饂飩坂 | トップページ | 六本木1丁目の道源寺坂 »