« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

赤坂氷川神社の本氷川坂と氷川坂

P1010187

赤坂氷川神社は、都心とは思えない静かな場所です。

P1010181

天暦5年(951年)、蓮林僧正が霊夢を見て、現在の赤坂四丁目のあたりに
建てられ、享保15年(1730年)、江戸幕府第8代将軍徳川吉宗の命により、
現在の場所に移されたそうです。
現在の社殿はこの時に造営されたもので、東京都の有形文化財に指定
されているそうです。

P1010179_2

本殿正面の脇を抜けると、本氷川坂があります。坂名の由来は
坂途中の東側に本氷川明神があって坂の名になった。
社は明治十六年四月、氷川神社に合祀された。
元氷川坂とも書いた。

だそうです。

P1010175

本氷川坂は、氷川神社のきれいな壁に沿って続く、かなり曲がりくねった
少々長い坂です。

P1010200

氷川神社の本殿を挟んで本氷川坂と反対側にあるのが、氷川坂です。

P1010197

P10101981

坂名の由来は
八代将軍吉宗の命で建てられた氷川神社のもと正面に当たる坂である。
と記載されています。


foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤坂 転坂

P1010200_2

赤坂氷川神社の前の氷川坂の途中に、転坂(ころびざか)という坂があります。

P1010202

名前からすると急な坂のようですが、なだらかな坂であることに驚きます。

P1010201

江戸時代から道が悪く、通行する人たちがよく転んだため「転坂」と
呼ばれたそうです。
一時、元氷川坂もころび坂と呼ばれたそうです。


foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諏訪大社の底が抜けた柄杓

P1010430

諏訪大社は諏訪湖の南北に上社の本宮と前宮、下社の春宮と秋宮
の二社ずつ、四ケ所がある変わった形の神社です。

P1010403

今回は、下社秋宮を訪れました。

P1010405

巨大な注連縄が掲げられた神楽殿は、天保6年(1835年)に建立された
ものだそうです。

P1010406

大注連縄は御柱祭毎に奉納されるもので、重さ約1トンだそうです。

P1010411

神楽殿の奥には幣拝殿があります。安永10年(1780)に建立されたもので
軒周りなどに多くの細かい彫刻が施されています。

    P1010409

幣拝殿の脇には、勇壮さで有名な御柱祭の御柱が立てられています。
御柱は、直径約1m、長さ約17m、重さ約12tのもみの巨木です。

P1010413

神楽殿脇の子安社では、底の抜けた柄杓が並ぶ奇妙な風景に出会います。
「水かつかえず軽く抜けるように楽にお産ができるよう」との願いを込めて
奉納されたものだそうです。

P1010404

たまたま、風鈴祭が開催されていたので、参道には涼やかな風鈴の
音が響いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧が峰高原

P1010378

霧が峰高原まで車で行くと、なだらかな草原のリフトが動いていたので
乗ってみることにしました。

P1010379

緑の匂いに包またリフトは青空に向かって進んでゆくようです。

P10103851

リフトを降りると霧ヶ峰高原のシンボルの霧鐘塔があります。
霧ヶ峰高原では、その名の通り深く濃い霧で覆われることが多く、
濃霧の日にはこの鐘を鳴らし、ハイカー達に方向を知らせるそうです。

P10103861

車山から霧が峰までニッコウキスゲの道が続いています。

P1010390

霧が峰高原一帯は豊かな上昇気流が発生するので、グライダーの飛行に
適しているそうで、今日も多くのグライダーが風待ちしていました。
霧ヶ峰高原は、日本のグライダー発祥の地でもあるそうです。

P1010395   


| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓼科旅情と蓼科山歌の歌碑

女神湖の畔に、蓼科旅情の歌碑があります。

P1010361

歌碑を読むと、蓼科旅情は作曲:中山大三郎、作詞:瀬齋正峰、で
唄:野路由紀子が唄った歌謡曲だそうです。

P1010366

その隣には、立科山歌の銘の歌碑がありました。
蓼科高原には、、あららぎ派の歌人たちが、諏訪に住むメンバーの
島木赤彦に誘われてやびたび訪れて、秀れた多くの歌を残したそうです。
こちらは伊藤左千夫の蓼科山歌
信濃には八十の高山ありといへど女の神山の蓼科われは

の歌碑だそうです。静かな風景は歌が似合います。


Walkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車山高原

P1010368

車山はなだらかな起伏の稜線がきれいです。


P1010369

草原が多いので眺望がよく、眼下の白樺湖や北、中央、南アルプス・八ヶ岳
連峰などが見渡すことができます。

P1010372

この時期は、山頂から霧が峰までのなだらかなコースはニッコウキスゲ
などのさまざまな高山植物などの爽やかな自然を堪能できるハイキング
コースがあります。

P1010376

青空に広がる白い雲は、さまざまに形を変えるので飽きることが
ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓼科 女神湖めぐり

P1010354

蓼科の女神湖は1周約2キロの小さな湖です。

P1010356

湖に注ぎ込む水はキラキラと輝いています。

P1010357_2

湖畔の木道を歩いていると、爽やかな風が吹き抜けて行きます。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓼科 女神湖

P1010350

女神湖は赤沼平の湿地をせき止めた人造湖です。
女の神山と呼ばれる蓼科山の優美な山容を水面に映す、
静かな雰囲気の高原の湖です。

P1010351

観光地化していない蓼科の風景は貴重です。

P1010352

P1010355

湖畔には、女神湖の名前にふさわしくさまざまな花が咲き乱れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明野のひまわり

P1010341

山梨県北杜市の明野のひまわり畑を訪れました。
明野村は『日照時間日本一』の地区だそうなので、ひまわりがよく似合います。

P1010340

このあたりからは、富士山・南アルプス・八ヶ岳の山々も見えるそうです。

P1010339

広大なひまわり畑には早咲きから遅咲きまでさまざまな約29万本の
ひまわりが植えられているので、夏中ひまわりを楽しむことが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »