« 白山 浄心寺坂と八百屋お七の墓 | トップページ | 多摩川 旧巨人軍グランドの小池商店 »

白山の懐かしい風景

白山あたりを歩いていると、あちこちに懐かしい風景を見かけます。

P1010444_2

富士見湯は今は少なくなった江戸の銭湯の特徴の、唐破風屋根
(屋根の上半分をふくらませ、下半分に反りをつけた曲線がきれいな屋根)
が立派な、堂々たる姿です。

P1010466

かつて長屋の雰囲気を残した家も残っています。

P1010467

家の前の鉢植えも、長年丹精込めた様子が感じられます。



P1010471

こちらは、今ではあまり見かけなくなった黒板塀の建物です。

P1010470

玄関の引き戸には店名が彫りこまれており、粋な商売であったことを
感じさせます。

P1010475

道の角にある椎木稲荷は小さな場所に様々な鉢植えが密集しています。

P1010474

この場所には、「小石川小十人町、番屋跡」の説明板が立っています。
江戸時代の万治年間(1658~61)、このあたりは小十人町であったそうです。
小十人町は身分こそ低いが、徳川将軍家が江戸から他の地へ行く場合、
警護にあたった由緒ある家柄の持ち主が住んでいたそうです。

こうした普通の人々の生活の歴史が感じられる場所は少なくなってきました。

|

« 白山 浄心寺坂と八百屋お七の墓 | トップページ | 多摩川 旧巨人軍グランドの小池商店 »

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/23966822

この記事へのトラックバック一覧です: 白山の懐かしい風景:

« 白山 浄心寺坂と八百屋お七の墓 | トップページ | 多摩川 旧巨人軍グランドの小池商店 »