« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

鶴見総持寺 石原裕次郎の墓所

P1010547

鶴見の総持寺は約50万平米の広大な敷地で、ゆったりと静かな雰囲気です。

P1010552
《仏殿》

総持寺は曹洞宗の大本山です。元亨元年(1321)に石川県に創建されたそう
ですが、明治31年(1898)火災で焼失したため、明治44年(1911)に現在の
この地に移転したそうです。

P1010553
《大祖堂》


P1010562

総持寺には、昭和を代表する俳優のひとりである石原裕次郎さんの墓所も
あります。いつも花が絶えることがなく、華やかな雰囲気です。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜並木の冬支度

近所の桜並木を歩いていると、桜保存会の人たちが桜の幹のひとつひとつ
に藁を巻いています。

P1010567

朝早くから作業をしていたようで、大半の桜に藁が巻かれています。


P1010566

去年は11月18日だったので、今年はずいぶん早い冬支度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座のキューピッド

P1010539

銀座の天賞堂ビルの角に、建物の陰から半分だけ顔を出して脇道を
覗きこんでいるキューピッド
のブロンド像があります。



P1010540

ハートに矢を射る人を探している姿は、とても可愛らしく、
おしゃれな銀座の街角によく似合います。

道行く人たちに、頭を撫でられたり、お尻を突かれたりしています。




このキューピッド像は、日展の審査員もされた山田朝彦氏の作品

だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日比谷のゴジラ

日比谷シャンテの前で、ゴジラ像に出会いました

P1010534

日比谷は東宝本社をはじめ、東京宝塚劇場などが集中していることから
東宝の大スターのゴジラ像があるそうです。

P10105351

ゴジラ像は70~80cm程度のかわいらしいサイズですが、映画で見た
ゴジラと同じ姿に細部まで精巧に作られています。

銘板には、懐かしい「ゴジラ」の文字とともに、「このゴジラが最後の
一匹だとは思えない」
という、山根博士のせりふが記されています。

P1010533

下から見上げると、映画のなかの姿に近いイメージです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華街の新栗


P1010530

横浜中華街を歩いていると、焼き栗のお店に「新栗入荷しました。」
の立札がでていました。

P1010529

中華街ではいつでも見かける焼き栗ですが、「新栗」と聞くと思わず
立ち止まってしまいます。

P1010528

ぐるぐると回りながら焼かれている香ばしい匂いの新栗は見ていて飽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川 旧巨人軍グランドの小池商店

今日は、第1回多摩川ウォーキングフェスタに参加して歩いてみました。
多摩川沿いを歩くイベントで、ゴールは下丸子です。
50kmコースは、羽村の玉川上水取水堰からですが、さすがに無理なので、
和泉多摩川からの12kmに参加です。

P1010498

多摩川の土手を歩くので、信号もなく視界が開けた快適なコースです。
テレビ番組の取材でタレントの人も何人か参加して、歩いています。

P1010518

二子玉川を過ぎ、東横線多摩川駅近くまで来ると、かつて読売ジャイアンツが
使っていたグラウンドがあります。
現在は巨人の練習グラウンドは読売ランド脇の、ジャイアンツ球場に移って
いますが、このグラウンド風景は何度もTVや新聞で見ていた記憶があります。


P1010516

土手の多摩堤通りを渡ると、かつてジャイアンツの選手が立ち寄った
小池商店があります。

P1010514

店内は、かつてのジャイアンツの選手の写真が若い頃から全盛期の
練習風景まで壁一面に並んでいます。

P1010513

写真それぞれを見ていると、楽しくて時間を忘れてしまいます。

P1010515

年季の入った練習用のバットを脇に、おでんとビールで往時に思いを
はせてしまいます 。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »