« 柴又帝釈天の参道風景と髙木屋 | トップページ | 亀戸天神のうそ替え神事 »

上野の森鴎外居住跡

P1020124

不忍池から上野動物園裏手の道を歩いてゆくと、水月ホテル鴎外荘
に「森鴎外居住の跡」と書かれた看板があります。


P1020126

鴎外は、明治22年3月に海軍中将赤松則良の 長女・登志子と結婚し
この家に根岸から移住したそうです。

明治23年(1890)この地で、文壇処女作の舞姫を発表したそうです。

P1020127

鴎外はここから無縁坂を登り不忍池をまわって帰ってきてました。
この事が後に小説“雁”の舞台と言われているそうです。

館内には鴎外の旧居が残っており、鴎外がその文壇処女作「舞姫」
を執筆した部屋があるそうです。

水月ホテル鴎外荘>>




|

« 柴又帝釈天の参道風景と髙木屋 | トップページ | 亀戸天神のうそ替え神事 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/27002130

この記事へのトラックバック一覧です: 上野の森鴎外居住跡:

« 柴又帝釈天の参道風景と髙木屋 | トップページ | 亀戸天神のうそ替え神事 »