« 柴又七福神めぐり | トップページ | 矢切りの渡しの歌碑 »

谷中七福神めぐり

谷中の七福神めぐりをしてみました。

P1020120

上野公園の不忍池の弁天堂がその名の通り弁財天を祀っています。
弁天堂は境内に数多くの記念碑があります。

>>不忍池弁天堂は記念碑がいっぱい


P1020121

夏の時期には不忍池一面に広がる蓮も枯れ、寂しい風景です。

P1020134

次いで、大黒天を祀る護国院を訪れます。

P1020135

護国院には歴史を感じさせる神楽の舞台があります。

P1020139_3

長安寺は寿老人を祀っています。

P1020136

長安寺には狩野派の狩野芳崖の墓所もあります。

P1020144

日暮里駅近くまでやってくると、毘沙門天を祀る天王寺です。

P1020146

天王寺は、目黒不動、湯島天神とともに江戸の三富(さんとみ)として、
富くじが行われた寺社として知られているそうです。

P1020189

谷中の夕焼けだんだんを降りて右手に行くと、ユーモラスな布袋様
が描かれた塀が見えてきます。

P1020191

その塀は、布袋尊を祀る修性寺です。ここの布袋様は「ひぐらしのほてい」
といわれ、江戸時代から親しまれているそうです。

P1020195

その数軒隣が恵比寿様を祀る青雲寺です。

P1020196

境内には「南総里見八犬伝」の作者滝沢馬琴の筆塚の碑もあります。


P1020198

最後が田端駅に近い東覚寺です。こちらには福禄寿が祀られています。

P1020199

年に一度1/1~15の間だけ解放される本堂裏の庭園はよく手入れ
された凝った造りの庭園です。

谷中七福神は江戸最古の七福神といわれているそうですが、
上野、日暮里、田端と歴史のある地域をめぐるので、風景も
変化に富んでいます。

谷中七福神>>

|

« 柴又七福神めぐり | トップページ | 矢切りの渡しの歌碑 »

寺社めぐり」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/27017753

この記事へのトラックバック一覧です: 谷中七福神めぐり:

« 柴又七福神めぐり | トップページ | 矢切りの渡しの歌碑 »