« 東京ビッグサイトの巨大のこぎり | トップページ | 港区三田 幽霊坂の御化粧延命地蔵と蛇坂 »

渋谷の国木田独歩住居跡

P10203281

渋谷C.C.Lemonホール(渋谷公会堂)とNHK放送センターの間の坂道を
下っていくと、国木田独歩住居跡の碑があります。。

P1020323

説明文には、国木田独歩は明治4年(1871年)銚子に生れ、同29年ここに
移り住み、名作「武蔵野」の構想を練りました。
「源叔父」「欺かざる記」もここで執筆しましたが、翌30年6月麹町に移りました。

と書いてあります。

P1020327

「武蔵野」の冒頭に、『自分は二十九年の秋の初めから春の初めまで、
渋谷村の小さな茅屋に住んでいた。』と書かれています。
現在はAmwayのビルが建っている このあたりの当時の風景は
国木田独歩が名著「武蔵野」を考えるのにふさわしい、のどかな風景
だったのでしょう。

ここからほど近い代々木公園のそばで童謡「春の小川」も生まれたそうで
小田急線代々木八幡駅そばに建っている歌碑を訪れたことを思い出しました。

|

« 東京ビッグサイトの巨大のこぎり | トップページ | 港区三田 幽霊坂の御化粧延命地蔵と蛇坂 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/27892194

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷の国木田独歩住居跡:

« 東京ビッグサイトの巨大のこぎり | トップページ | 港区三田 幽霊坂の御化粧延命地蔵と蛇坂 »