« キッザニア甲子園オープン | トップページ | 西宮 白鹿酒造博物館 »

尼崎の月象石と水害碑

P10205011

阪神なんば線が開通し、阪神電車と近鉄奈良線がつながりました。
神戸から奈良まで乗り換えなしで行くことができることになり、阪神地区の
人の流れが変わりそうです。

P10205021

阪神なんば線は尼崎で阪神本線と分岐して、大阪難波までゆきます。
新たな乗り入れで賑わう尼崎駅の周辺を歩いてみました。

P1020494

駅からアーケードが続く尼崎中央通商店街は賑やかです。
早くも、阪神タイガースの優勝応援の垂れ幕が下がっているのが印象的です。

P1020485

商店街を一本はずれた線路脇の道には尼崎えびす神社の大きな鳥居
があります。

P1020486

「尼崎えびす神社」は、醍醐天皇時代以前の創建だそうです。
商売繁盛の「尼のえべっさん」として親しまれているそうです。

P1020490

本殿前には「月象石(つきいし)」という球形の石が祀られています。
この石は 、1970年7月21日、アポロ11号の月面着陸が成功した同じ日に、
和歌山県・南部川瓜谷で発見されたそうです。

     P1020500

線路の反対側の駅前には由緒がありそうな昭和大典記念時計があります。
その後ろのポールにはなにやら文字が記されています。


P1020498

ポールには、「昭和9年室戸台風最高水位5.1m」「 昭和25年ジェーン台風
最高水位4.3m」と書かれています。
歴史的な水害の時の水位が示されていますが、実際に示されると大変な
水位であることがよく分かります。
 

|

« キッザニア甲子園オープン | トップページ | 西宮 白鹿酒造博物館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

昭和の風景」カテゴリの記事

街角アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/28836596

この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎の月象石と水害碑:

« キッザニア甲子園オープン | トップページ | 西宮 白鹿酒造博物館 »