« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

生しらすを食べに江ノ島へ

爽やかなこの時期は生しらすがおいしいので、江ノ島まで出かけました。

P1030105

江ノ島亭は、景色が良いのでフーテンの寅さんの映画のロケも行われたそうです。

P1030106

「湘南産生しらすあります。」の張り紙がされ、お客さんで混雑しています。

P1030096

生しらすと瓶ビールを頼むと、涼しげな江戸切子のビールグラスです。

P1030099

相模湾が一望できる窓から、爽やかな風が店内を吹き抜けてゆきます。




P1030103

生しらすと釜上げしらすの両方の味を楽しめる丼もあるのでうれしいです。

P1030107

付近の店には江ノ島名物の料理が並んでいますが、「釜あげしらす丼」
と「生しらす丼」の看板だけが日に焼けていないことに、季節限定のあじわい
であることを実感します。

P1030110

青葉に包まれた江ノ島は、生しらすの最盛期です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

江の島海上散歩

P1030072

江ノ島へ渡る橋の脇に乗合船の乗り場があります。

P1030073

小さな可愛らしい乗合船は、江ノ島の裏側の岩屋洞窟がある稚児ヶ淵
までの渡し船です。

P1030081

周囲のヨットやモーターボートを見ながら、間近から江の島を見上げ
ながら進んでゆきます。

P1030083

海上を約10分船に揺られてゆくと、到着です。

P1030088

大小さまざまな形の潮溜まりが、青空を映しきれいです。

P1030089

このあたりは、磯釣りの人たちにも人気の場所です。

P1030092

稚児ヶ淵は、江の島の表側とはイメージの違う岩肌と磯が広がる
荒々しい風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ビーチバレー発祥の地 鵠沼海岸

P1030053

鵠沼海岸は、サーフィンとビーチバレーを楽しむ人たちが大勢います。

P1030051

鵠沼海岸一帯は神奈川県立湘南海岸公園となっていますが、
公園施設の一角に奇妙な形のものがあります。

P1030050

碁盤の目のような模様の中央に、丸い突起があります。

P1030049

傍に寄ってみると、「日本ビーチバレー発祥の地」 と書かれた記念碑です。

P1030054_2


P1030056

鵠沼海岸は、ビーチバレーのコートが整備されているとは思いましたが、
ここが日本におけるビーチバレー発祥の地とは、知りませんでした。

鵠沼海岸のライブカメラ>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鵠沼海岸の旅館「東屋」跡

P1030045

鵠沼海岸駅から鵠沼海岸を目指し住宅地に入ると、懐かしい雰囲気の
竹垣の塀が続いています。

P1030042

道路脇に、「東屋の跡」 と書かれた碑が建っています。
明治初期から昭和初期にかけて多くの文人たちが来遊した、旅館「東屋」が
鵠沼海岸のこの地にあったそうです。

P1030043


このあたりから海岸まで続く、2万㎡の広大な敷地だったそうです。
東屋は、尾崎紅葉や、志賀直哉、武者小路実篤などに愛された旅館
だったそうです。

芥川龍之介の短編小説「蜃気楼は、当時の鵠沼海岸の風景を幻想的に
描いたものとのことです。

古くから温暖で風光明媚な鵠沼海岸は多くの人に愛されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリンピック招致用 東京の巨大模型

P10300301

2016年夏季五輪開催地の現地調査のため、国際オリンピック委員会
(IOC)評価委員会のメンバーが東京を訪れました際、説明用に作られた
巨大な東京の模型がビックサイトに展示されていました。

P10300311

1/1000スケールで作られた東京の模型は、大きさ17.0m×15.3mの日本最大
の模型だそうです。
模型には、オリンピック関連の施設が配置され、それぞれが近い距離である
ことがよく分かります。

P1030036

こちらは、国立競技場と神宮球場などのある神宮外苑です。

P1030038

西新宿の高層ビル街が神宮外苑のすぐそばであることが分かります。

P1030039

東京ドームと武道館です。

P1030033

大田市場付近にも競技施設があります。

この巨大模型を見ていると、意外な場所同士が近いことや都心部には
予想以上に緑が多いことに気づいたりして、普段歩いている時には
気がつかない発見が多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜に巨大なクモが出現

横浜みなとみらいを歩いていると、赤レンガ倉庫に巨大なクモが出現!
との話を聞き訪れました。

P1020943

待っていると遠くからゆっくりと巨大な蜘蛛が登場しました。


P1020952

この蜘蛛は、横浜開港150周年を記念したイベントで、フランスの
スペクタクルアート劇団「ラ・マシン」のショーだそうです。


P1020954

機械仕掛けのクモは、高さ12メートル、重さ37トンとのことです。
クモの足の動きは一人で1本づつ操作しているようです。

P1020964

もう1匹も登場し、2匹の蜘蛛が赤レンガ倉庫に揃いました。

P1020980

リアルな恐ろしい動きに、泣き出してしまう見物の子供たちもいます。

P1020988

P1020998

赤レンガ倉庫の脇を歩くクモの姿に、その巨大さが分かります。   

P1030010

P1030012

蜘蛛は糸の代わりに大量の水や石鹸の泡を噴き出します。

P1030018

「水上署です!蜘蛛のパレードが始まるので、歩道に上がってください」
との警察のアナウンスがユーモラスです。

P1030021

蜘蛛は赤レンガ倉庫から、日本大通りを目指し歩きだしました。
あちこち歩いていると、いろいろなものに出くわすことがありますが
こんな、奇妙なものは初めてです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

千駄ヶ谷 鳩森神社と将棋

P1020929


P1020922

鳩森神社といえば、寛政元年築造された富士塚が知られています。

江戸時代に富士山を信仰する富士信仰が広まりましたが、富士山まで
出かけることは容易ではなかったため、江戸各地に富士山のミニチュアを作り、
そこに登ることで富士登山を疑似体験しようというのが、富士塚です。

P1020914

小さな山ですが、結構きつい登りです。

P1020915

あっという間についた山頂に、は可愛らしい富士浅間神社の祠があります。

P1020916

江戸時代には頂上からずいぶん遠くまで見渡せたのでしょうが、現在は
ビルに囲まれた境内が見えるだけです。

P1020910

境内には、日本将棋連盟により建立された将棋堂という六角堂もあり
中には御影石の将棋版の上に、 巨大な王将が祀られています。

P1020911

六角形の壁面には将棋をはじめ、さまざまなものが上手くなりたい人たち
の願いが書かれた絵馬がかけられています。

P1020930

神社のすぐそばには将棋のタイトル戦が行われたり、将棋道場がある
将棋会館があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砧公園で見かけた袋いっぱいの桜

P1020907


P1020905

砧公園を目指し歩いていると、近所の大蔵団地で紅色の花を見かけました。
近づいてみると、桜の花のようです。

P1020873

砧公園へやってくるとまだ満開の桜を多くの人が楽しんでいます。
今週はあちらこちらで桜の花が散ってしまっているので得をした気分です。

P1020874

一面の芝生の緑と桜色がとてもきれいです。

P1020888

P1020903

はらはらと散る桜吹雪を楽しんでいると、地面は桜の花びらでいっぱいです。

P1020900

清掃の袋の中もピンクの桜の花びらでいっぱいです。

P1020879

その一方で、砧公園では早くもチューリップが満開です。

P1020878

チューリップといえば、4月下旬の花のイメージですが、今年は暖かいので
開花が早いようです。

P1020880

砧公園はチューリップだけではなく、つつじの花も咲き始めています。
桜が散っても次々と花がいっぱいの砧公園です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原宿で見かけた落書き

P1020867

原宿の表参道ヒルズ付近の裏通りの工事現場で見かけた落書きです。
「ようこそ常識にとらわれた国」「Yes We Can't」の文字と、ミッキーマウスの
ような耳のついた麻生総理です。

スプレーで描かれた似顔絵がとても似ているので通りがかりの人たちが
面白がり写真を撮っていましたが、いったいどのような趣旨なのかは
分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靖国神社の桜

P1020865

千鳥ケ淵の桜に続いて、すぐそばの靖国神社の桜を見物にゆきました。
静かな千鳥ケ淵の雰囲気とは一変してこちらは、お花見ムードがいっぱいです。
外苑参道脇には、約200の露店が軒を並べ、毎年30万人を超す参拝者と
花見客が訪れるそうです。

P1020861

普段は静かな靖国神社の境内がお花見の人たちで大混雑です。
境内にはソメイヨシノを中心に約600本の桜があるそうですが、混雑で
近くまでは行くことができません。

P1020858

「宴会承ります」「貸しござ300円」の張り紙があるので、手ぶらで来ても
すぐ花見の宴が催せるようです。

P1020857

参道の中心では、靖国神社にふさわしい「同期の桜」を歌う催しがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千鳥ケ淵の桜見物

P1020841

皇居のお堀沿いに約700m続く千鳥ケ淵の遊歩道は都内の桜の名所
のひとつです。

P1020848

千鳥ケ淵は、お濠の両側に桜が咲き、水面にこぼれそうです。

P1020850

ボートに乗り下からの桜を楽しむ人たちもいます。

P1020855

千鳥ケ淵はお花見に付き物の露店や宴会もは禁止されています。
そのため、静かに桜の花を楽しみたい人たちの列が続いています。

続いてすぐそばの靖国神社へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎 二ケ領用水の桜

P1020831

川崎市の宿河原駅からすぐの二ケ領用水の桜が満開です。


P1020833

朝からお花見の場所取りをする人たちが大勢います。

P1020834

川崎市緑化センターは、芝生やトイレもあるので家族連れに人気です。

P1020836

普段は静かな二ケ領用水ですが、この時期は大変な人出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本木ミッドタウンの夜桜

P1020817

六本木ミッドタウンへ行ったので外へ出るとライトアップされた桜がきれいです。

P1020821

六本木の表通りの喧噪とは別世界のように空いているので、ゆったりと
夜桜を見物することができます。

P1020823


P1020826

東京タワーまで見渡せる夜桜は都心の貴重な風景です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »