« 豊川稲荷と九郎九坂 | トップページ | 奥沢神社 »

赤坂の弾正坂、牛鳴坂、丹後坂

P1030394

赤坂の青山通りに面した豊川稲荷の脇から北西に下る九郎九坂の坂下は
弾正坂の坂下と交わります。

P1030395

坂名の由来は、西側に吉井藩松平氏の屋敷があり、代々弾正大弼(だいひつ)
に任じられることが多かったために名づけられた、ということです。


P1030397

坂に面して東宮御所や秋篠宮邸や高円宮邸のある皇室の赤坂御用地
があり、ものものしい警備がされています。

P1030400

青山通りを渡り少し下ると、牛鳴坂という名前の坂があります。

P1030398

牛鳴坂(うしなきざか)の坂名の由来は、赤坂から青山へに抜ける厚木通で、
路面が悪く車をひく牛が苦しんだため名づけられた、ということです。
別名、さいかち坂ともいうそうです。

P1030401

坂を上がってみましたが、牛が苦しむほどの急な坂ではありません。

P1030403

牛鳴坂を上がり左に進むと丹後坂です。

P1030402

元禄初年(1688)に開かれたと推定される坂。その当時、東北側に米倉丹後守
(西尾丹後守ともいう)の邸があった。
とのことです。

P1030406

石段の坂の丹後坂は、坂下に行くに従って幅が広くなる「末広がり」
の坂で、趣のある姿です。


foot今日も坂めぐり>> 

|

« 豊川稲荷と九郎九坂 | トップページ | 奥沢神社 »

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/29862809

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂の弾正坂、牛鳴坂、丹後坂:

« 豊川稲荷と九郎九坂 | トップページ | 奥沢神社 »