« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

茗荷谷の吹上坂

P1030567

茗荷谷の吹上坂は左右にエーザイの本社がある坂道です。
下ると小石川植物園や共同印刷などがあります。

P1030566

坂名の由来を記した案内板は次のような内容です。

このあたりをかって吹上村といった。  この地名から名付けられたと
思われる。 吹上坂は松平播磨守の屋敷の坂をいへり(改選江戸志)。
なお、別名「禿(かむろ)坂」の禿は河童に通じ、都内六ケ所あるが、
いずれもかっては近くに古池や川などがあって 寂しいところとされている
地域の坂名である。
この坂も善仁寺前から宗慶寺・極楽水のそばへくだり、 坂 下は
「播磨たんぼ」といわれた水田であり、しかも小石川が流れていた。
この水田や川は、鷺の群がるよき場所であり、大正時代でもその
おもかげを止めていた。

雑然と 鷺は群れつつ おのがじし あなやるせなき 姿なりけり
  古泉千樫(1886~1927)


P1030570

さらに調べてみると、このあたりで極楽水といわれた湧き水が吹き上げ
ていたので、吹上という地名となり、 そこから坂の名となったそうです。

foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平河町の諏訪坂(達磨坂)

P1030611

青山通りの永田町と新宿通りの麹町を結ぶ坂は、諏訪坂といいます。

P1030610

坂名を記した道標によれば、

「新撰東京名所図会」には「北白川宮御門前より赤坂門の方へ下る坂
を名く。もと諏訪氏の邸宅ありしを以てなり。」とかかれています。

また、別の名を達磨坂ともいわれていますが、旧宮邸が紀州藩であり、
その表門の柱にダルマににた木目があったためダルマ門とよばれ、
その門前を達磨門前、坂の名も達磨坂と人々は呼んだそうです。

P1030608

坂の東側は都道府県会館、西側は赤坂プリンスホテル別館です。

P1030602

赤坂プリンスホテル別館として使われている瀟洒な洋館は、旧李王家邸
で昭和3年に宮内省内匠寮の設計で建てられたそうです。


P1030605

李王朝最後の李垠(イ・ウン)殿下は、大正15年、29歳で王位を継承し、
日本の皇族の梨本宮の長女万子様を妻として迎え、ここで生活された
そうです。

通りがかりに見た建物に意外な歴史があることを知り驚きました。

foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平河町 貝坂 

P1030601

平河町の都市センターホテルの裏手に貝坂という坂があります。

P1030598

坂名とその由来を記した道標によれば

『江戸名所図会』には「この地は昔より甲州街道にして、その路傍に
ありし一里塚を土人・甲斐坂と呼びならわせしとなり。
或る説に貝塚法印というが墓なりともいいてさだかならず」とかかれて
いますが、貝塚があったというのが定説となっています。

とのことです。

P1030597

坂下は永田町へと続いています。


foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治神宮へ

P1030678_2

明治神宮の参道は鬱蒼とした緑に包まれています。
木々が日差しをさえぎってくれるので夏場の散歩に最適です。

P1030643



P1030641

御社殿に入る門の扉には菊の紋を模した造作が施されています。

P1030637

渡り廊下の灯りにも菊のご紋が配されています。

P1030636

明治神宮は都心では貴重な静寂な雰囲気の場所ですが、正月ではない
初夏のこの時期でも外国人観光客をはじめ、多くの人が訪れています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治神宮 宝物殿

P1030616

明治神宮の参道は鬱蒼とした緑に囲まれ静寂な雰囲気ですが、
御社殿から離れた宝物殿のあたりは、広い芝生があるので開放感
がありながら訪れる人が少なく、ゆったりとした場所です。

P1030617

宝物殿の受付の建物はあまり見かけない形式の建物です。

P1030620

入口から見える宝物殿の建物は高床式の独特の建物です。

この宝物殿は大正10年10月(1921)に竣工したものだそうで、
この建物は、奈良・正倉院の校倉風大床造り(おおゆかづくり)の様式
を模したもので、我が国初期の鉄筋コンクリート建築の代表的な建物
といのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治神宮に並ぶ酒樽

P1030678

緑の豊かな明治神宮の参道にある大鳥居の傍には明治神宮に奉納
された日本酒の薦被り(こもかぶり)が置かれています。

P1030684

日本全国の日本酒がずらりと並んだ光景は壮観です。
その銘柄の多さと、それぞれに特徴的な名前とデザインは見ていて
飽きません。

P1030679

参道を挟んで反対側には葡萄酒樽が並んでいます。

P1030681

明治天皇の詠まれた歌
「よきをとり あしきをすてて外国に おとらぬくにと なすよしもがな」

とともに、この葡萄酒の説明が書かれています。

「和魂洋才」を旨とし、わが国の伝統のこころを守りつつ、西洋の優れた
文物を取り入れた明治時代。御在世中、まさに国民の模範となって
近代化を推し進められた明治天皇は、断髪、洋装をはじめ、衣食住の
様々な分野において西欧文化を積極的に取り入れられました。
食文化においても率先して洋食をお召しになられました。
ここに奉供されております葡萄酒樽は、ブルゴーニュ東京事務所代表
でブルゴーニュ名誉市民、シャトー・ド・シャイイホテル・オーナーでも
ある佐多保彦氏の呼びかけにより、葡萄酒産地として名高いフランス
共和国ブルゴーニュ地方は醸造元各社より献納されたものであります。

両側に和と洋の酒樽が並ぶ参道はの光景はめったに見ることが
できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治神宮の花菖蒲

P1030648

明治神宮を歩いていると、御苑の花菖蒲が見頃と知り、入ってみました。

P1030651

普段は静かな明治神宮御苑ですが、大勢の人が花菖蒲見物に訪れて
写真撮影をしたり、写生をしています。

P1030657

この菖蒲田の花菖蒲は、明治天皇が昭憲皇太后のために植えさせ
られたそうです。

P1030658

御苑の菖蒲田には江戸系の花菖蒲が約150種1500株があるそうです。

P1030670

明治天皇は、この御苑を「うつせみの 代々木の里は しづかにて 
都のほかの ここちこそすれ」
と詠まれているそうです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

茗荷谷の庚申坂

P1030561

切支丹坂を下り、丸の内線のガードをくぐると、石段の坂があります。

P1030562

ゆるやかにカーブしたきれいな坂は庚申坂という坂です。
坂を登る途中で振り返ると、ゆっくりと自転車を押しながら登る人の向こう
には、丸の内線の走る姿が見えます。

P1030563

庚申坂の坂上には、説明板があります。

「小日向第六天町の北、小石川同心町の界をを東より西へ下る坂あり
……略……この坂を切支丹坂というは誤りなり。
本名“庚申坂”昔、坂下に庚申の碑あり……」『東京名所図会』

庚申信仰は庚申の日(60日ごと)人が眠ると三尸の虫が人の体から出て
天にのぼり天帝にその人の罪を告げるというところから、人々は一晩中
夜明かしをした。

この信仰は中国から伝わり、江戸時代に盛んになった。
従ってキリシタン坂はこの坂の地下鉄ガードの向かい側の坂のことである。
「……両側の藪の間を上る坂あり……これが真のキリシタン坂なり」 
『東京名所図解』

とぼとぼと壱宣教師ののぼりくる春の暮れがたの切支丹坂(金子薫園)


と書かれています。


foot今日も坂めぐり>> 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茗荷谷の切支丹屋敷跡と切支丹坂

P1030556_2

茗荷谷の蛙坂を登り少し歩くと左手に切支丹屋敷跡の碑があります。

P1030557

説明板によると、

江戸幕府はキリスト教を禁止し、井上筑後守政重を初代の宗門改役に
任じ、キリスト教徒を厳しく取り締まった。

この付近は宗門改役を勤めていた井上政重の下屋敷であったが、正保3年
(1646年)屋敷内に牢屋を建て、転びバテレンを収容し宗門改めの情報集め
に用いた。主な入牢者にイタリアの宣教師ヨセフ・キアラ、シドッチがいた。

享保9年(1724年)火災により焼失し、以後再建されぬまま寛政4年(1792年)
に廃止された。


とのことです。


P1030559

新井白石が宣教師シドッチを直接尋問し、お互いに相手の識見を評価
し、白石はそこで得た知識をもとに鎖国時代の日本に西洋の情報や考え方
を伝えるため『西洋紀聞』をはじめとする著書を書いたそうです。

碑の前を進み左折すると、丸の内線のガードまで続く坂が切支丹坂です。

foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茗荷谷の蛙坂

P1030549

茗荷谷の茗荷坂下から目の前の丸の内線高架下までくると、右手に
宋四郎稲荷があります。

P1030551

そこをぐるりと巡ると蛙坂(かえるざか)という可愛らしい名前の坂があります。

P1030552

坂の中腹に置かれたには坂名の由来が書かれた説明板があります。

「蛙坂は 七間屋敷より 清水谷へ下る坂なり、或は復坂ともかけり、
そのゆへ詳にせず」 (改撰江戸誌)
「御府内備考」には, 坂の東の方は ひどい湿地帯で蛙が池に集まり、
また向かいの馬場六之助様御抱屋敷内に古池があって、 ここにも蛙がいた。
むかし、この坂で 左右の蛙の合戦があったので里俗に蛙坂とよぶように
なったと伝えている。
なお, 七間屋敷とは, 切支丹屋敷を守る武士たちの組屋敷のことであり,、
この坂道は切支丹坂へ通じている。

とのことです。 

P1030553

登ってみると、蛙坂は勾配のきつい坂です。 坂上から説明板にあった
切支丹屋敷跡を目指します。

foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茗荷谷の茗荷坂

P1030541

茗荷谷駅から拓殖大学へ向かう坂道は茗荷坂という坂です。

P1030546

坂下までくると、拓殖大学の前に坂名の由来が書かれた説明板があります。

P1030545

坂名の説明板には
「茗荷坂は、茗荷谷より小日向の台へのぼる坂なり云々。」と改撰江戸志
にはある。これによると拓殖大学正門前から南西に上る坂をさすことになるが、
今日では地下鉄茗荷谷駅方面へ上る坂をもいっている。

茗荷谷をはさんでのことであるので両者とも共通して理解してよいであろう。

さて、茗荷谷の地名については御府内備考に
「・・・・・・むかし、この所へ多く茗荷を作りしゆえの名なり云々。」とある。
 自然景観と生活環境にちなんだ坂名の一つといえよう。

と書いてあります。

P1030547

そのすぐそばには、茗荷がいっぱい生えた一角があり茗荷谷の地名の
由来が書かれています。
このあたりは、茗荷畑が広がっていたため、茗荷谷と呼ばれていたそうです。

foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カイザースラウテルン広場の一角獣

P1030534

茗荷谷駅から、教育の森公園へ向かう途中の春日通り沿いの一角に、
奇妙なアートがあります。

P1030538

一角獣のオブジェです。説明によると、文京区はドイツのカイザースラウ
テルン市と姉妹都市だそうで、そのシンボルとして、同市の彫刻家
ゲルノト・ルンプフ、バルバラ・ルンプフ夫妻が作成したものだそうです。

一角獣というのは、鹿の頭、象の足、猪の尾、馬の胴体をもつ架空の
動物だそうです。

P1030539

こちらの魚のオブジェはカイザースラウテルン市の紋章にもあり、
「幸運のシンボル」とされる鯉をイメージしたもので、魚の頭部はう
「フリードリッヒI世」の頭像が付けられているそうです。

P1030540

見慣れないオブジェの集まるこの一角は、周囲とは異質の空間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小石川の湯立坂

P1030532

茗荷谷駅から、教育の森公園と筑波大学教育学部に沿って、小石川植物園
へ向かう坂は湯立坂といいます。

P1030529

坂名の由来は、『御府内備考』によれば
「里人の説に、往古はこの坂の下には大河の入り江にて氷川の明神へは
河を隔ててわたることを得ず。故に此処の氏子ども此坂にて湯花を奉りし
より坂の名となれり」

と記されているそうです。

「湯立て」とは「湯花を立てる」の意味で、大きな釜に湯を沸かし、その湯気
を身を清めるために榊でかける神事を指しているそうです。

P1030528

坂を下ってゆくと右手に山門のような造りの門があります。
ここは1912年(大正元年)」に建てられた、国指定重要文化財の『銅御殿』
(あかがねごてん)というそうです。
銅御殿(旧磯野邸)は、屋根だけではなく2階より上の外壁を銅葺きとした
建物で、竣工当時の輝きから「銅御殿」と呼ばれるようになったそうです。

残念ながら、今日は門を閉ざしているので中の様子は分かりません。

P10305251

湯立坂は幽霊坂や暗闇坂といった別名とも言われているそうですが、
今も鬱蒼とした木々に囲まれた姿からも、その雰囲気が分かります。

foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小石川の網干坂

P1030521

小石川植物園を出て、植物園に沿って網干坂という坂があります。

P1030522

説明板には、坂名の由来として、
白山(はくさん)台地から千川の流れる谷に下る坂道である。
小石川台地へ上る湯立坂と向かい合っている。

むかし、 坂下の谷は入江で舟の出入があり、 漁師がいて網を干した
のであろう。 明治の末頃までは千川沿いの一帯は、「氷川たんぼ」と
いわれた水田地帯であった。
その後、 住宅や工場がふえ、 大雨のたびに洪水となり、昭和9年
(1934) に千川は暗渠となった。 なお、 千川は古くは「小石川」と
いわれたが、 いつの頃からか千川と呼ばれるようになった。

と記されています。

P1030523

網干坂の右側は植物園の塀が続き、左側も赤煉瓦の塀が続きます。
説明板にあった湯立坂は、網干坂の坂下の交差点を挟んで反対側
にある坂です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小石川の旧東京医学校本館

P1030501

小石川植物園の日本庭園のとなりには、旧東京医学校本館があります。
現在のこの建物の正式名は、「 東京大学総合研究博物館小石川分館」です。

日本庭園の緑と、旧東京医学校本館の紅白の外壁は、よく似合います。


P1030519

東京医学校は、東京大学医学部の前身です。

1876年完成の旧東京医学校本館は、当初は東大構内にありましたが、
1969年にこの地に移築再建されたそうです。
明治初期の木造擬洋風建築特有の様相を残す、として国の重要文化財
に指定されています。

P1030505

半八角形の車寄は、この建物の特徴のひとつだそうです。

P1030509

柱の上部には細かい細工が施されています。

P1030512

建物全体は洋風建築ですが、車寄せの上のテラスには寺院や橋など
と同じ、擬宝珠(ぎぼし)がついています。

P1030515

館内で天井を見あげると、昔の梁を残したままの屋根裏が丸見えに
なっています。

P1030517

内壁や柱は補強され、明るい室内は外側から見た時と雰囲気が
違います。

旧東京医学校本館>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小石川植物園と甘藷の碑

P1030470

小石川の植物園を訪れました。小石川植物園は、正式には 東京大学
大学院理学系研究科附属植物園といい、東京大学の教育実習施設です。

約320年前の貞享元年(1684)に、徳川綱吉の白山御殿の跡地に徳川幕府
が作った「小石川御薬園」が前身です。

P1030477

P1030478

現在でも園内の薬用保存園には、コガネバナ、オウレン、マオウなどの
御薬園時代に栽培されていた薬草植物が100種以上栽培されています。

P1030481

八代将軍吉宗の時代にほぼ現在と同じ規模に拡大され
享保7年(1722)には小石川療養所が付属施設として開設されました。
養生所の井戸が現在も残っています。

P1030486

こちらは、甘藷試作跡の碑です。そう言われれば、さつまいもに似た
色と形です。

P1030485

青木昆陽が江戸付近でも甘藷(さつまいも)の栽培ができれば、利益率も
高く、飢饉のときにも食物として役立つと考え、享保20年(1735)に幕府に
進言し、この地で栽培を試み、その成功で全国的に栽培されるように
なったそうです。

目黒不動では、青木昆陽の墓と「甘藷先生碑」に出会ったことを
思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤坂 桜坂

P1030436

赤坂アークヒルズの赤坂見附側にアークヒルズに沿ってある坂は、
桜坂といいます。

P1030434

坂名の由来は、明治中期に新しく作られた道筋で坂下に戦災まで
大きな桜の木があったことからその名が付いた。

と記されています。

P1030438

六本木通りをちょっと入っただけですが、周囲は静かな雰囲気です。

P1030440 

現在も、坂道の両脇は桜並木で桜の時期には名前通りの美しい光景
だそうです。
赤坂アークヒルズを挟んでスペイン坂があります。


桜坂の地図>>

foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虎ノ門 霊南坂

P1030431

虎ノ門のホテルオークラは、大倉財閥の創始者大倉喜八郎の邸宅でしたが、
息子の喜七郎が父の築いた帝国ホテルに劣らないホテルを目指し、
その敷地に創業したそうです。
ホテルオークラは、3つの坂で囲まれています。汐見坂を上ったホテル
オークラの東側にあるのが、有名な霊南坂です。

P1030429

坂名の由来は、江戸時代のはじめ高輪の東禅寺が嶺南庵としてここにあり、
開山嶺南和尚の名をとったが、いつしか嶺が霊となった。
と記されています。

P1030433

霊南坂は、米国大使館に沿ってあるため、坂の周辺は厳重な
警備です。
坂名の碑が大使館側の歩道にあったため、撮影にも警察官の許可
をいただく必要があるほどでした。

ちなみに、あとの2つは、江戸見坂汐見坂です。


foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虎ノ門 汐見坂と東京経済大学発祥の地の碑

P1030424

虎ノ門のホテルオークラは3つの坂で囲まれています。江戸見坂を下った
ホテルオークラの北側には、汐見坂という坂があります。
坂下から進むと、右側には国立印刷局があります。

P1030423

汐見坂の坂名の由来は、江戸時代中期以前には海が眺望できた坂である。
南側に松平大和守(幕末には川越藩)邸があって、大和坂ともいった。

とのことです。 江戸見坂同様、江戸時代には眺望がよかった場所であった
ことが分かります。

P1030422

汐見坂の坂下にある新日鉱ビルのまえに東京経済大学発祥の地の碑
がありました。 

P1030421

東京経済大学は 1900(明治33)年 大倉財閥を興した大倉喜八郎によって,
当時の赤坂葵町 (現在のホテルオークラ隣接地)に創立された
「大倉商業学校」が前身だそうです。

P1030428

汐見坂の坂上はアメリカ大使館前で、霊南坂の坂下と接しています。

ちなみに、あとの2つは、江戸見坂霊南坂です。

汐見坂の地図>>


foot今日も坂めぐり>>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

虎ノ門 江戸見坂

P1030416

虎ノ門のホテルオークラは3つの坂で囲まれています。ホテルオークラの
東側には、江戸見坂という坂があります。

P1030417

江戸見坂という名の由来は、江戸の中心部に市街がひらけて以来、
その大半を眺望することができたために名づけられた坂
、だそうです。


P1030420

写真で分かるように、かなり急勾配な坂ですが、歩いてみるとそれを痛感
できます。 それだけに江戸時代には眺望がよかったのでしょう。

ちなみに、あとの2つは、汐見坂霊南坂です。

江戸見坂の場所

foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤坂のスペイン坂

P1030409

赤坂アークヒルズから東京メトロ六本木1丁目駅に向かうとアークヒルズに
沿ってある坂は、スペイン坂といいます。

P1030408

坂の脇ににある碑には
1986年(昭和61年)、20年近い歳月を経て、赤坂(Akasaka)と六本木
(Roppongi)の結び目(Knot)アークヒルズ(ARK HILLS)は誕生しました。

当時の民間における都市再開発事業としては最大級の規模(総敷地
面積56,000㎡)を誇り、共同住宅、オフィス、ホテル、テレビスタジオ、
コンサートホールなどを組み合わせた複合型街づくりは、
その後の都心部における再開発事業のさきがけとなりました。

そのアークヒルズの南方に位置するこの坂道は、六本木通りから
スペイン大使館につながることから「スペイン坂」と名付けられ、
多くの人々に親しまれています。
春には、両側の歩道に植えられた桜が坂道を被うように咲き乱れ、
都心における桜の名所としても知られています。

と記されています。

P1030410

静かな坂なので、昼時には休憩をしている営業車が多いです。

P1030411

スペイン坂からアークヒルズにはすぐに入れます。今日は爽やかな
気候なので、テレビ朝日前の大屋根の下では、食事をとる人や
打ち合わせがてらお茶を飲む人たちが大勢います。

P1030413

コンサートがある時には人が多いカラヤン広場も、人影がありません。 

P1030441

スペイン坂の坂下の隣は、道源寺坂です。

foot今日も坂めぐり>>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

川崎妙楽寺のあじさい

P1030442

歩いていると紫陽花の花が咲いているのをよく見かけ時期になったので、
川崎のあじさい寺として人気の妙楽寺を訪れました。

P1030450

境内は、見頃を迎えたさまざまな色のあじさいで埋め尽くされています。

P1030444

P1030448

額紫陽花も濃淡の色が鮮やかです。 


P1030445

こちらのあじさいは紫色の縁取りがきれいです。

P1030454

垂れ下った形のあじさいの花は珍しいです。

P1030459

この時期の妙楽寺には、あじさい見物に大勢の人が訪れています。
妙楽寺の地図>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥沢神社

P1030372

東急目黒線の奥沢駅付近を歩いていると、奥沢神社がありました。
奥沢神社は、室町時代に世田谷城主吉良氏の家臣大平氏が奥沢城
を築く際に守護神として勧請したそうです。

P1030373

鳥居には、注連縄とは雰囲気の違う太い縄が絡まっています。
この縄は、全長10m重さ150kgの藁の大蛇だそうです。

江戸中期の宝暦年間に奥沢地方に疫病が流行した時、村の名主の
夢枕に八幡大神の「藁で作った大蛇を担ぎ村を巡行させよ」とのお告げ
があり、その通りにしたところ、疫病が治まったそうです。

それ以来約250年間、現在でも毎年9月に行われる「厄除け大蛇お練り」
のお祭りでは、藁で作った大蛇を担いで街を練り歩く行事が続いている
そうです。

P1030369

境内に佇んでいると、地元の住民の方たちが次々と参拝に訪れて
くるので、地元で皆に親しまれていることがよく分かります。

P1030370

P1030371

本殿手前にある椎の木は世田谷区の銘木百選に選ばれているそうですが
年輪を重ねた風格があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »