« 小石川の湯立坂 | トップページ | 茗荷谷の茗荷坂 »

カイザースラウテルン広場の一角獣

P1030534

茗荷谷駅から、教育の森公園へ向かう途中の春日通り沿いの一角に、
奇妙なアートがあります。

P1030538

一角獣のオブジェです。説明によると、文京区はドイツのカイザースラウ
テルン市と姉妹都市だそうで、そのシンボルとして、同市の彫刻家
ゲルノト・ルンプフ、バルバラ・ルンプフ夫妻が作成したものだそうです。

一角獣というのは、鹿の頭、象の足、猪の尾、馬の胴体をもつ架空の
動物だそうです。

P1030539

こちらの魚のオブジェはカイザースラウテルン市の紋章にもあり、
「幸運のシンボル」とされる鯉をイメージしたもので、魚の頭部はう
「フリードリッヒI世」の頭像が付けられているそうです。

P1030540

見慣れないオブジェの集まるこの一角は、周囲とは異質の空間です。

|

« 小石川の湯立坂 | トップページ | 茗荷谷の茗荷坂 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

街角アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/30085021

この記事へのトラックバック一覧です: カイザースラウテルン広場の一角獣:

« 小石川の湯立坂 | トップページ | 茗荷谷の茗荷坂 »