« 茗荷谷の蛙坂 | トップページ | 茗荷谷の庚申坂 »

茗荷谷の切支丹屋敷跡と切支丹坂

P1030556_2

茗荷谷の蛙坂を登り少し歩くと左手に切支丹屋敷跡の碑があります。

P1030557

説明板によると、

江戸幕府はキリスト教を禁止し、井上筑後守政重を初代の宗門改役に
任じ、キリスト教徒を厳しく取り締まった。

この付近は宗門改役を勤めていた井上政重の下屋敷であったが、正保3年
(1646年)屋敷内に牢屋を建て、転びバテレンを収容し宗門改めの情報集め
に用いた。主な入牢者にイタリアの宣教師ヨセフ・キアラ、シドッチがいた。

享保9年(1724年)火災により焼失し、以後再建されぬまま寛政4年(1792年)
に廃止された。


とのことです。


P1030559

新井白石が宣教師シドッチを直接尋問し、お互いに相手の識見を評価
し、白石はそこで得た知識をもとに鎖国時代の日本に西洋の情報や考え方
を伝えるため『西洋紀聞』をはじめとする著書を書いたそうです。

碑の前を進み左折すると、丸の内線のガードまで続く坂が切支丹坂です。

foot今日も坂めぐり>>

|

« 茗荷谷の蛙坂 | トップページ | 茗荷谷の庚申坂 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

由緒めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/30085220

この記事へのトラックバック一覧です: 茗荷谷の切支丹屋敷跡と切支丹坂:

« 茗荷谷の蛙坂 | トップページ | 茗荷谷の庚申坂 »