« 平河町 貝坂  | トップページ | 茗荷谷の吹上坂 »

平河町の諏訪坂(達磨坂)

P1030611

青山通りの永田町と新宿通りの麹町を結ぶ坂は、諏訪坂といいます。

P1030610

坂名を記した道標によれば、

「新撰東京名所図会」には「北白川宮御門前より赤坂門の方へ下る坂
を名く。もと諏訪氏の邸宅ありしを以てなり。」とかかれています。

また、別の名を達磨坂ともいわれていますが、旧宮邸が紀州藩であり、
その表門の柱にダルマににた木目があったためダルマ門とよばれ、
その門前を達磨門前、坂の名も達磨坂と人々は呼んだそうです。

P1030608

坂の東側は都道府県会館、西側は赤坂プリンスホテル別館です。

P1030602

赤坂プリンスホテル別館として使われている瀟洒な洋館は、旧李王家邸
で昭和3年に宮内省内匠寮の設計で建てられたそうです。


P1030605

李王朝最後の李垠(イ・ウン)殿下は、大正15年、29歳で王位を継承し、
日本の皇族の梨本宮の長女万子様を妻として迎え、ここで生活された
そうです。

通りがかりに見た建物に意外な歴史があることを知り驚きました。

foot今日も坂めぐり>>

|

« 平河町 貝坂  | トップページ | 茗荷谷の吹上坂 »

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/30207667

この記事へのトラックバック一覧です: 平河町の諏訪坂(達磨坂):

« 平河町 貝坂  | トップページ | 茗荷谷の吹上坂 »