« 茗荷谷の切支丹屋敷跡と切支丹坂 | トップページ | 明治神宮の花菖蒲 »

茗荷谷の庚申坂

P1030561

切支丹坂を下り、丸の内線のガードをくぐると、石段の坂があります。

P1030562

ゆるやかにカーブしたきれいな坂は庚申坂という坂です。
坂を登る途中で振り返ると、ゆっくりと自転車を押しながら登る人の向こう
には、丸の内線の走る姿が見えます。

P1030563

庚申坂の坂上には、説明板があります。

「小日向第六天町の北、小石川同心町の界をを東より西へ下る坂あり
……略……この坂を切支丹坂というは誤りなり。
本名“庚申坂”昔、坂下に庚申の碑あり……」『東京名所図会』

庚申信仰は庚申の日(60日ごと)人が眠ると三尸の虫が人の体から出て
天にのぼり天帝にその人の罪を告げるというところから、人々は一晩中
夜明かしをした。

この信仰は中国から伝わり、江戸時代に盛んになった。
従ってキリシタン坂はこの坂の地下鉄ガードの向かい側の坂のことである。
「……両側の藪の間を上る坂あり……これが真のキリシタン坂なり」 
『東京名所図解』

とぼとぼと壱宣教師ののぼりくる春の暮れがたの切支丹坂(金子薫園)


と書かれています。


foot今日も坂めぐり>> 

|

« 茗荷谷の切支丹屋敷跡と切支丹坂 | トップページ | 明治神宮の花菖蒲 »

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/30085263

この記事へのトラックバック一覧です: 茗荷谷の庚申坂:

« 茗荷谷の切支丹屋敷跡と切支丹坂 | トップページ | 明治神宮の花菖蒲 »