« 小田原の「めだかの学校のふるさと」の童謡歌碑 | トップページ | 東京大学の変わった植樹碑 »

小田原 北条氏政・氏照の墓所

P10309891

小田原といえば、北条氏を思い出しますが、小田原駅の西口には、
北条早雲の像があります。

P10309811

小田原駅東口の飲食店街を抜けたところには、小田原市指定史跡の
北条氏政・氏照の墓所があります。

説明板によれば、

北条氏政は、北条氏四代の領主。氏照は氏政の弟で八王子城など
5つの支城の城主でした。
天正18(1590)年豊臣秀吉の小田原攻めにより小田原城が落城すると、
五代領主氏直は高野山に追放され、父氏政とその弟氏照は城下の
田村安斎邸(現南町)で自刃しました。

両人の遺体は、当時この地にあった北条氏の氏寺、伝心庵に埋葬
されました。(現在、永久寺所有)

その後放置されていた墓所は、稲葉氏が城主の時(1633~1685)北条氏
追福のため整備されました。
大正12(1923)年の関東大地震では墓所が埋没する被害を受けましたが、
翌年地元の有志により復元されました。


と記されています。


P10309861



P10309821

墓所の柵には、鈴が文字通り鈴なりに下げられています。

「幸せの鈴」と書かれた看板の説明では

箱の中の「鈴」に、民を思う領主の優しい心が、きっと宿っています。
ここに眠る北條氏政、氏照は、長引く秀吉との攻防戦の中、
戦禍にまみえる領民を思い、開城を決意されたと伝えられています。

願いをかけて「鈴」を持ち帰り、かけた願いがかなったら、「幸せの鈴」
を結びに来てください。
「幸せの鈴」がいっぱいになれば、ここに眠る領主での、なによりの供養
となることでしょう。

とのことです。

P10309831

墓地内には、
◇五輪塔 大(高115cm)・中(高73cm)・小(高67cm)の3つ
◇生害石1個(長115cm、幅78cm)
  氏政・氏照がこの石上で自害したと伝わっています)
◇笠塔婆型墓碑1基
◇石燈篭

などがありますが、すべて江戸時代に造られたものだそうです。

|

« 小田原の「めだかの学校のふるさと」の童謡歌碑 | トップページ | 東京大学の変わった植樹碑 »

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/30595739

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原 北条氏政・氏照の墓所:

» 古着 [古着]
古着の処分で困っている方がたくさんいます。寄付したり、買い取ってもらったりなど、古着を処分するために必要な知識や方法を紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2009年8月 6日 (木) 13時42分

« 小田原の「めだかの学校のふるさと」の童謡歌碑 | トップページ | 東京大学の変わった植樹碑 »