« 多摩川を散歩 | トップページ | 自衛隊朝霞の広報センター »

中華街の歴史を感じさせる安楽園 

P1040415_2

華やかな造作のお店が軒を並べる横浜中華街のなかで、独特の雰囲気で
ひっそりとたたずむ安楽園を訪れました。

P1040416


店先にはメニューや料理サンプルなどは一切なく、小さく「麺類炒飯もございます」
と書かれた小さな札が掛けられているだけです。

P1040409

店内に入ると、博物館のような匂いと時代を逆戻りしたような雰囲気に
驚きますが、予想外に愛想の良いお婆さんたちに出迎えられ安心します。

P1040408

個室の作りも独特です。

P1040406

段違いの飾り棚とステンドグラスの入った窓のある部屋は、窓の外の
中華街の喧騒がうそのようです。

P1040407

料理を待つ間、店内を見渡すと、人影がなく不安になってきます。

P1040402

中華街で中庭のあるお店は珍しいですが、トイレが中庭の先に
あるのも現在ではほとんど見かけません。(写真の左側の白いドア)

P1040414

料理が出てくるまでは時間がかかりますが、頼んだ春巻には人参で作った
座る子供の像が添えられています。こうした細かい細工が昔の中華料理
のこだわりなのでしょうか。

P1040418_2


入るのに敷居が高く、独特の雰囲気の安楽園ですが、味はおいしくて
1品1品の量も多く、懐かしい中華料理を楽しむことができます。


|

« 多摩川を散歩 | トップページ | 自衛隊朝霞の広報センター »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

食べ物めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/31258280

この記事へのトラックバック一覧です: 中華街の歴史を感じさせる安楽園 :

« 多摩川を散歩 | トップページ | 自衛隊朝霞の広報センター »