« 合羽橋道具街へ | トップページ | 神宮前のネッコ坂 »

日本橋のべったら市へ

P1040913_2

べったら市が開かれていると聞き、日本橋のべったら市を訪れました。

P1040908_2

日本橋のビジネス街は帰宅を急ぐ人たちが多く、どの程度盛り上がっているか
不安でしたが、べったら市が開かれている宝田恵比寿神社の門前まで
行くと、周辺の会社はビルの前や駐車場で宴会をする光景も見かけ、
大変な賑わいです。

P1040911_2

P1040915_3

「べったら市」は、江戸中期に宝田恵比寿神社の門前で10月20日の恵比寿講
(商家で恵比須をまつり、親類・知人を招いて祝う行事)にお供えするため、
前日の19日に市が立つようになったのが起源だそうです。

P1040909_2

その市で、浅漬け大根のべったら漬けがよく売れたことから「べったら市」
と呼ばれるようになったそうです。

P1040916_2

「べったら漬け」とは、アメと麹で大根を漬け込んだ大根の漬物です。
P1040917_2

それを縄に縛り「べったら、べったら。買わないで素通りすると着物につくぞ」と
叫びながら振り回して、参詣客の着物の袖につけてからかったことから
名づけられたそうです。

深い甘さと歯ざわりのべったら漬は、十五代将軍徳川慶喜も好んで食べたと
言わる江戸時代から続く味わいです。
。 

|

« 合羽橋道具街へ | トップページ | 神宮前のネッコ坂 »

寺社めぐり」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

食べ物めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/31852390

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋のべったら市へ:

« 合羽橋道具街へ | トップページ | 神宮前のネッコ坂 »