« 靖国神社の銀杏並木 | トップページ | 六本木ヒルズのイルミネーション »

秋の風景の九段坂

P1050148

靖国神社と皇居北の丸公園の間の通りが九段坂です。

P1050149

坂名の説明には、

この坂を九段坂といいます。古くは飯田坂ともよびました。
「新撰東京名所図会」には「九段坂は、富士見町の通りより、飯田町に
下る長坂をいふ。
むかし御用屋敷の長屋九段に立し故、これを九段長屋といひしより
此坂をば九段坂といひしなり。

今は斜めに平かなる坂となれるも、もとは石を以て横に階をなすこと九層にして、
且つ急峻なりし故に、車馬は通すことなかりし(後略)」とかかれています。

坂上は、月見の名所としても名高かったようで、、一月二十六日と七月二十六日
には、夜待ちといって月の出を待つ風習があったといいます。

とあります。


P1050140

靖国神社付近の歩道橋から九段下への眺めはすっきりとした都会の風景です。

P1050141

坂上の市ヶ谷方面は、左側の皇居内堀と右手に続く靖国神社の樹々の緑
が続き、都心とは思えない光景です。

P1050145

田安門そばの公園には、大山巌像と常燈灯台が並んでいます。
大山巌は天保13年(1842)の生まれで薩摩藩出身の元帥陸軍大将で、
日露戦争では陸軍司令官、初代の陸軍大臣となり、その後参謀総長、
内務大臣を勤め元老となった方だそうです。

P1050143_2    

常燈灯台は、幕末から明治にかけて流行した和風と洋風の折衷様式です。

正式には高燈籠といわれ、もともとは靖国神社に捧げるお灯明台として、
明治4(1871)年に建造されたそうです。
東京湾を行きかう船舶のための灯台としての役割もあり、品川沖や房総
からも灯が見えたそうです。
今でも夕刻になると明りが灯されている姿を見ることができます。

P1050152

九段坂脇のお堀には紅葉した樹々がきれいです。   

P1050155

千鳥ケ淵の桜が咲く春までは静かな佇まいなのでしょう。

|

« 靖国神社の銀杏並木 | トップページ | 六本木ヒルズのイルミネーション »

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

花めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/32416404

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の風景の九段坂:

« 靖国神社の銀杏並木 | トップページ | 六本木ヒルズのイルミネーション »