« 日本橋 魚久 | トップページ | 品川 浜川砲台跡 »

品川の東海七福神めぐり

P1050454

東海七福神めぐりをしてみようと、まずは北品川の品川神社を訪れました。

P1050455

第一京浜沿いにある品川神社の鳥居脇には大黒天像があります。

P1050457

品川神社の石段の途中に富士塚があります。

富士塚は富士山詣での富士講が盛んになった江戸時代に関東各地に造られ、
頂上には浅間神社を祀っています。

品川神社の富士塚は高台にあるので、見晴らしが良いです。

P1050462

品川神社前の第一京浜を渡った旧東海道へ行く途中には、
布袋尊を祀る養願寺があります。

P1050463

寿老人を祀る一心寺は、養願寺のすぐそばの旧東海道にあります。

ここからは、旧東海道を下ってゆきます。


P1050472

旧東海道を目黒川まで歩いてくると、朱塗りの橋があります。

P1050467

恵比寿を祀る荏原神社です。

P1050469

荏原神社は東海道品川宿の総鎮守で、和銅2年(709)に創建されたそうです。

P1050478

旧東海道をさらに進みます。

P1050477

道沿いには、蔵や長屋の造りをそのまま残した家が目に付きます。

P1050482




P1050483

青物横丁駅付近まで来ると、毘沙門天を祀る品川寺があります。


P1050494

品川寺から、ひたすら旧東海道を立会川まで歩くと、福禄寿を祀る
天祖諏訪神社があります。

P1050495

七福神めぐりのこの時期には木彫りの福禄寿の像がお出ましになっています。

P1050503

旧東海道と第一京浜が合流した大森海岸付近に、弁財天を祀る
磐井神社があります。

P1050504

磐井神社は、平安時代に記された延喜式の名に記載されているというから、
延喜年間(901年-921年)にはすでに存在していたそうです。

かつては東京湾の浜までが磐井神社の境内で、沖合に鳥居があったそうです。

P1050509

第一京浜の歩道に磐井の井戸があります。

P1050510 

磐井の井戸の水は東海道往来の旅人に利用され、霊水または薬水と
称されたそうです。土地の人々は、この井戸水を飲むと、
心正しい人には清水だが、邪心のある人には塩水となるという言い伝え
があるそうです。

東海七福神の地図はこちら>>

|

« 日本橋 魚久 | トップページ | 品川 浜川砲台跡 »

寺社めぐり」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/32923517

この記事へのトラックバック一覧です: 品川の東海七福神めぐり:

« 日本橋 魚久 | トップページ | 品川 浜川砲台跡 »