« 神田明神の甘酒 | トップページ | 日本橋 魚久 »

日本橋七福神めぐり

P1050406

新春にふさわしく七福神めぐりをしようと日本橋を訪れました。
纏を持った江戸火消しの衣装を纏った人が歩いているのが
正月の日本橋らしいです。

P10504491

ちょうど今日1月4日は、日本橋七福神めぐりを三越本店が協賛しており、
順路の要所要所に三越の人が立って案内してくれています。



P1050410

しかし、小網神社からの順路で行くと今日は参加者が多いため
順路を変えて寶田恵比寿神社からスタートです。 

P1050412

寶田恵比寿神社にやってくると、べったら市で訪れた神社だと気がつきました。
日本橋のべったら市へ>>


P10504141

続いて、椙森神社です。 寶田恵比寿神社と同じ恵比寿神社を祀っています。

P10504161

椙森神社の境内には江戸時代の富くじを記念する富塚があります。

富くじ興行は寛永年間(1624年~1643年)に神社仏閣の改修費用に充てるため
に始まり、椙森神社の富くじは江戸三富のひとつに数えられ、盛大に行われた
そうです。


P1050418

次は、寿老人を祀る笠間稲荷神社です。

P1050420

笠間神社の前の看板を見ると、日本橋七福神は8つの神社です。
そういえば、最初の寶田恵比寿神社と次の椙森神社は同じ恵比寿様を
祀っていました。

P1050422

ついで毘沙門天を祀る末廣神社です。
延宝3年(1675)社殿を修復したときに縁起の良い末広扇が見つかった
ことから末廣神社と名づけられたそうです。

P1050431

ついで訪れた大黒天を祀る松島神社はビルと一体となった都心らしい神社です。
大鳥神社でもあるので酉の市で賑わうそうです。


P1050437

次いで安産祈願で有名な水天宮です。

P1050436

水天宮の境内の一角に祀られた弁財天は七福神めぐりの人で賑わっています。   

P1050439

茶ノ木神社は布袋尊を祀っています。神社の周囲に巡らされたお茶の木の
緑が見事だったことから名づけられたそうです。

P1050452

最後は小網神社です。福禄寿と弁財天を祀っているそうです。

P1050445

小網神社の神楽殿は総檜造りで重厚な彫刻が施されている貴重なものだそうです。

P1050515

日本橋七福神めぐりをしている途中に松島神社で買った七福神飴と
三越でいただいた干支の手ぬぐいが正月らしい土産となりました。

日本橋七福神の地図はこちら>>

|

« 神田明神の甘酒 | トップページ | 日本橋 魚久 »

寺社めぐり」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

食べ物めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/32921871

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋七福神めぐり:

« 神田明神の甘酒 | トップページ | 日本橋 魚久 »