« 旧東富坂(飛び坂) | トップページ | 二ケ領用水のお花見準備 »

鐙坂(あぶみざか)

P1050763

真砂坂上から右に進み菊坂へ抜ける道は、鐙坂という坂です。

P1050762

鐙坂の坂上には、金田一京助・春彦 旧居跡があります。
アイヌ民族に関る言語、文学、民俗の研究家の金田一京助がこの地に
住んでいた大正2年(1913)、息子の国語学者金田一春彦が生まれたそうです。


P1050766

鐙坂下より坂上を臨む

P1050765

坂名の説明によれば、

本郷台地から菊坂の狭い谷に向かって下り、先端が右にゆるく曲がっている
坂である。
名前の由来は、「鐙の製作者の子孫が住んでいたから」(『江戸志』)とか、
その形が「鐙に似ている」ということから名づけられた(『改選江戸志』)など
といわれている。

この坂の上の西側一帯は上州高崎藩主大河内家松平右京亮の中屋敷で、
その跡地は右京山と呼ばれた。


小さな坂ですが、鐙坂にはエピソードがいろいろあります。

foot今日も坂めぐり>>

|

« 旧東富坂(飛び坂) | トップページ | 二ケ領用水のお花見準備 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/33618834

この記事へのトラックバック一覧です: 鐙坂(あぶみざか):

« 旧東富坂(飛び坂) | トップページ | 二ケ領用水のお花見準備 »