« 川崎 二ヶ領用水の桜は4分咲き | トップページ | 鮫河橋坂 »

千日坂

P1050850

JR信濃町駅の脇から明治記念館の裏手に沿って降りてゆく坂は千日坂
といいます。

P1050852

千日坂は長くて傾斜がきつく、この辺りが谷であったことが分かります。

P1050853

P1050854

坂名の説明には、
この坂下の低地は、一行院千日寺に由来し千日谷と呼ばれていた。
坂名はそれに因むものである。

なお、かつての千日坂は明治三十九年(1906)の新道造成のため消滅し、
現在の千日坂はそれと前後して作られた、いわば新千日坂である。

P1050856

坂の途中にある一行院が俗に千日寺とも呼ばれるのは、開祖とされる
下総古河藩の家臣来誉故念が、江戸において初めての千日供養を
つとめたからとのことです。

P1050851

一行院には、鎌倉時代から室町時代にわたる数基の板碑(区登録文化財)
が所蔵されているそうです。

foot今日も坂めぐり>>

|

« 川崎 二ヶ領用水の桜は4分咲き | トップページ | 鮫河橋坂 »

寺社めぐり」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/33885362

この記事へのトラックバック一覧です: 千日坂:

« 川崎 二ヶ領用水の桜は4分咲き | トップページ | 鮫河橋坂 »