« 大阪 難波橋 | トップページ | 思い出のアルバムの歌碑 »

大阪証券取引所と大阪俵物会所跡

P1060045

大阪証券取引所のある北浜は大阪の金融の中心地です。

P1060046

大阪証券取引所を開設した五代友厚は、明治維新後、大阪造幣寮(現・造幣局)
等の設立に尽力した後、民間に転じ紡績業,鉱業,鉄道業などを幅広く手がけた
事業家だそうです。

さらに,堂島米会所を復興するとともに、株式取引所条例の成立を受け自ら
大阪証券取引所の前身である大阪株式取引所を設立し、明治期の商都大阪の
経済的基盤を築いた人物だそうです。

P1060047

五代友厚は、東京で東京商法会議所(現・東京商工会議所)等を設立した
渋沢栄一と比肩する人物として、「東の渋沢,西の五代」と称されたそうです。


P1060048

大阪証券取引所の近くには、大阪俵物会所跡の碑があります。

P1060049

説明板には以下のように記されています。

江戸時代には金・銀・銅などの重要な生産物については、幕府の厳しい統制下
におかれ、会所という売買センターで特定の商人しか扱うことができなかった。

俵物と呼ばれるふかのひれや干なまこ、干あわびなどは、当時の日本の重要な
特産物で、長崎から中国などにむけて輸出されていた。

この俵物は輸出入の代価に用いられることもあったので、延亨元年(1744)に
大阪に会所が設けられ、ここで売買が行われた。会所ははじめ備後町にあったが、
安永6年(1777)にこの地に移り、明治まで続いた。



商都大阪の江戸から明治にかけての賑わいが伝わってきます。

|

« 大阪 難波橋 | トップページ | 思い出のアルバムの歌碑 »

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

由緒めぐり」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/34163752

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪証券取引所と大阪俵物会所跡:

« 大阪 難波橋 | トップページ | 思い出のアルバムの歌碑 »