« 青山学院大学 「学生時代」の歌碑 | トップページ | 味の素 食と暮らしの小さな博物館 訪問 »

立会川は龍馬一色

P1060365

京浜急行立会川駅付近は坂本龍馬が若いころいたため、今年は盛り上がっています。

P1060360

駅前には坂本龍馬像もでき、雰囲気を盛り上げています。

P1060361

説明書きによれば、

ペリーが初めて来航した嘉永6年(1853年)、19歳の坂本龍馬は
藩からの許可を得て江戸で剣術修行中でした。

土佐藩は立会川河口付近にあった下屋敷(今の品川区東大井)
警備のため、江戸詰めの武士を動員し、竜馬もその中に加わりました。

同年9月には、「異国船処々来たり候へば、軍(いくさ)も近き内と存じ奉り候、
其節は異国の首を打ち取り」と父親に手紙を書いています。

品川での黒船警固から、竜馬の幕末は出発したのです。


P1060368

商店街は、「若き日の竜馬がゆく」をテーマに盛り上がっています。

P1060366

パン屋さんでは、竜馬足跡パンの幟がはためいています。

P1060367

可愛らしい足の恰好をしたパンは右足がカスタードクリームパンと
左足がアンパンで、せっかくなので両足買ってしまいたくなります。

P1060369

お茶屋さんでは、土佐のお茶や水が店頭に並んでいます。

P1060370

P1060371

お蕎麦屋さんは、大振りの海老天を砲台に見立てた「砲台そば」と
「龍馬ハイカラそば」のメニューです。

P1060372

中華料理店では、鰹の醤油煮入りの龍馬餃子と、龍馬の大好物であった
軍鶏 入りの龍馬ラーメンが人気のようです。

商店街を抜け、立会川沿いに進むと、龍馬の勤めた浜川砲台跡があります。

|

« 青山学院大学 「学生時代」の歌碑 | トップページ | 味の素 食と暮らしの小さな博物館 訪問 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

食べ物めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/34830346

この記事へのトラックバック一覧です: 立会川は龍馬一色:

« 青山学院大学 「学生時代」の歌碑 | トップページ | 味の素 食と暮らしの小さな博物館 訪問 »